戦国武将たちが天下統一を目指すギャグアニメ「信長の忍び」放送開始 水瀬いのり、くノ一役に

2016年10月12日 21:30

戦国時代が舞台のギャグアニメ「信長の忍び」
戦国時代が舞台のギャグアニメ「信長の忍び」

[映画.com ニュース] 重野なおき氏による4コマギャグマンガ「信長の忍び」がテレビアニメ化され、10月4日からTOKYO MX、10月8日からテレビ愛知で放送中だ。公式サイトでは第0話が公開されている。

同作は、「ヤングアニマル」(白泉社刊)で連載中の4コママンガを原作としたショートアニメ。戦国時代を舞台に、忍者の少女・千鳥と主の織田信長が、仲間たちとともに天下統一を目指すドタバタギャグ作品で、原作コミックは第9巻まで発売されている。

メインキャストとスタッフも発表され、千鳥役は「Re:ゼロから始める異世界生活」の水瀬いのり、織田信長役は「アルスラーン戦記」の羽多野渉が担当。そのほか、帰蝶を「THE IDOLM@STER」のたかはし智秋、お市を「探偵オペラ ミルキィホームズ」三森すずこ、木下秀吉を「ONE PIECE」の山口勝平、ねねを「銀魂」の釘宮理恵が演じ、大川透関智一落合福嗣うえだゆうじ平川大輔森嶋秀太松井菜桜子が出演する。

監督に「おじゃる丸」「ギャグマンガ日和」の大地丙太郎を迎え、制作はトムス・エンタテインメントが行う。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース