手嶌葵、2年ぶりアルバムに加藤登紀子ら作詞曲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月11日 > 手嶌葵、2年ぶりアルバムに加藤登紀子ら作詞曲
メニュー

手嶌葵、2年ぶりアルバムに加藤登紀子ら作詞曲

2016年8月11日 08:00

[映画.com ニュース] ビクターエンタテインメントは、歌手・手嶌葵のニューアルバム「青い図書室」を9月21日に発売することを決定した。

前作「Rendze-vous」(2014年7月)から約2年ぶりのオリジナルアルバムとなる今作は、手嶌が敬愛する加藤登紀子が、手嶌の10年を思い描いて書き下ろした2曲「想秋ノート」「白い街と青いコート」や、前作に続き作詞家・いしわたり淳治による書き下ろし曲4曲、さらに手嶌本人の作詞曲2曲など全9曲を収録。ジャケットは、前作も担当したイラストレーターの初見寧が描き下ろした。

発売は初回限定盤(2CD)と通常盤(1CD)の2形態。初回限定盤の特典CDには、16年5月に東京・かつしかシンフォニーヒルズで行われた「手嶌葵 10th Anniversary Concert」のライブ音源8曲が収録される。(文化通信)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi