20世紀フォックス、コミコンのプレゼンテーションを辞退 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月10日 > 20世紀フォックス、コミコンのプレゼンテーションを辞退
メニュー

20世紀フォックス、コミコンのプレゼンテーションを辞退

2016年5月10日 17:00

世界最大級のポップカルチャーの祭典「アサシン クリード」

世界最大級のポップカルチャーの祭典
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]20世紀フォックスが今年のコミコンでのプレゼンテーションを辞退することになったと、The Wrapが報じた。

コミコンは、毎年7月に米サンディエゴで行われる世界最大級のポップカルチャーの祭典で、各メジャースタジオが新作映画のフッテージ上映を行うことで知られている。

同社は、「ウルヴァリン3(仮題)」や人気ゲームの映画化「アサシン・クリード」といった注目作を抱えているものの、今年はコミコン辞退を決定。その理由は、コミコンの参加者のみに公開したフッテージが盗撮され、オンライン上にリークされる事件が頻発に起きているためだ。昨年も、「デッドプール」や「X-MEN:アポカリプス」のフッテージがリークされる被害にあっている。

また、ウォルト・ディズニーもコミコンから離脱を検討しているといわれる。ディズニーの場合は、主催するファンイベント「D23」での発表を優先したいと考えているようだ。なお、今年のコミコンは7月21~24日、サンディエゴ・コンベンション・センターで行われる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi