「ストレイト・アウタ・コンプトン」N.W.A.のDJイェラが来日!「忠実に描かれている」と太鼓判

2016年1月30日 13:00

来日したDJイェラ
来日したDJイェラ

[映画.com ニュース] 西海岸が生んだ伝説的ヒップホップグループの伝記映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」で描かれる「N.W.A.」のメンバーのDJイェラが来日し1月29日、渋谷シネクイントでの舞台挨拶に立った。

プロデューサーを務めたN.W.A.メンバーのドクター・ドレーアイス・キューブとともに、本作の監修を担当したイェラは、「俺たちがどういう服を着て、どんなセットがいいか、どんな靴を履いていたかまで細かくアドバイスしたよ。当時はジョーダン3を履いていたよ」と現場の裏話を語り、80年代後半のコンプトンの状況を「あっちで銃撃戦、こっちではケンカと、戦場のようだったよ」と振り返った。

映画は、出来事も人物も「忠実に描かれている。ワイルドだった俺がそのまま表現されているんじゃないかな」と太鼓判を押し、「(自分たちは)いつも壇上にいるから、コンサートのシーンが見られて気に入っている。特にデトロイトのコンサートで警察に追われるシーン」と劇中のお気に入りのシーンを挙げた。

イェラがとりわけ女好きに描かれていることには「俺はマネーなんて関係ない。女が大事だったんだ(笑)」と反論せず、N.W.A.の思い出としてはスタジオでのレコーディングとツアーが楽しかったという。「40都市を回って、40日間でやり遂げて、40人の女がついてきた感じだよ」と当時の熱狂の日々を懐かしんでいた。

グループの分裂を経験した後、実際のメンバー同士の仲を問われると「キューブとドレーが離れた後、ドレーに呼ばれたけど、イージー・Eと最後まで付き合うような形になった。でも一番付き合いが長いのはドレーで、バディのような付き合いなんだ」と明かした。

映画は“世界で最も危険なヒップホップグループ”N.W.A.を結成し、成功への道のりと挫折、名声の代償、権力と偏見との戦い、裏切り、そして友との別れなど、知られざる物語を描きだす。本国アメリカで音楽伝記映画として歴代1位の興行収入、黒人監督史上最高興収を記録し、アカデミー賞脚本賞ノミネートをはじめ、数多くの映画賞で受賞、ノミネートを果たしている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 復活した「午前十時の映画祭」に「ターミネーター」「モスラ」など22作品が初登場 4月2日開幕

    1

    復活した「午前十時の映画祭」に「ターミネーター」「モスラ」など22作品が初登場 4月2日開幕

    2021年3月5日 12:00
  2. 「金曜ロードSHOW!」が「金曜ロードショー」にタイトル変更 4月は「ハウルの動く城」「ゲド戦記」を放送

    2

    「金曜ロードSHOW!」が「金曜ロードショー」にタイトル変更 4月は「ハウルの動く城」「ゲド戦記」を放送

    2021年3月5日 04:00
  3. 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」冒頭12分、公開直前の同時視聴イベント内で配信

    3

    「シン・エヴァンゲリオン劇場版」冒頭12分、公開直前の同時視聴イベント内で配信

    2021年3月5日 08:00
  4. 【100冊限定】「進撃の巨人」“巨人用”コミックス発売へ ギネス世界記録目指す

    4

    【100冊限定】「進撃の巨人」“巨人用”コミックス発売へ ギネス世界記録目指す

    2021年3月5日 10:00
  5. 永野芽郁、覚醒!? 濃厚キャラ続々登場、OL戦国時代を描く「地獄の花園」予告編

    5

    永野芽郁、覚醒!? 濃厚キャラ続々登場、OL戦国時代を描く「地獄の花園」予告編

    2021年3月5日 07:00

今週