発明家ニコラ・テスラの伝記映画製作へ

2016年1月7日 07:30

磁束密度の単位にもなっているテスラ
磁束密度の単位にもなっているテスラ

[映画.com ニュース] 現クロアチア出身の電気技師で発明家、ニコラ・テスラの伝記映画「テスラ(原題)」が製作されることがわかった。

1856年生まれのテスラは、交流電源、蛍光灯、リモートコントロールの原理、テスラコイルなどを発明した。また、トーマス・エジソンとの確執でも知られるが、本作ではテスラが1884年にアメリカに移住して以降の出来事を、エジソンやジョージ・ウェスティングハウスとの交流を中心に描くという。

米Deadlineによれば、「アナーキーマイケル・アルメレイダが監督と脚本を務める。キャストは未定。

なお、エジソンとウェスティングハウスのライバル関係を描く新作映画「The Current War(電流戦争、の意)」も別途企画されており、ベネディクト・カンバーバッチがエジソン役、ジェイク・ギレンホールがウェスティングハウス役で出演交渉中だと伝えられている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース