ドリームワークスに社名変更の可能性

2015年10月1日 06:00

ディズニーとの契約満了後はどんな名前に?
ディズニーとの契約満了後はどんな名前に?

[映画.com ニュース]スティーブン・スピルバーグ監督率いるドリームワークスが社名を変更することになるかもしれないと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

ドリームワークスといえば、1994年にスピルバーグ監督がジェフリー・カッツェンバーグデビッド・ゲフィンとともに立ち上げた映画会社で、2004年にアニメ部門をドリームワークス・アニメーションとして分社化。実写部門を扱うドリームワークスは05年にパラマウント映画に買収されたのち、08年に独立。現在はディズニーと配給契約を結んでいる。しかし、ディズニーとの契約満了にともない新たなスタジオをパートナーに選ぶ可能性が高いことに加え、来年1月1日に「ドリームワークス」という名称とロゴのライセンス契約が切れることから、社名を維持すべきかどうか検討しているという。

「ドリームワークス」の商標は04年の分社化の際にドリームワークス・アニメーションに移譲されており、ライセンス料自体は100ドルとたいした額ではない。しかし、ドリームワークス・アニメーションの近作の評判が芳しくなく、また今後、ドリームワークスがファミリー向け映画にシフトしていくうえで、ドリームワークス・アニメーションと競合する可能性もあることから、社名を変更したほうがよいとの声もあるという。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース