不調のドリームワークス・アニメ、製作部門トップが交代

2015年1月9日 15:20

製作部門のトップを務めるボニー・アーノルド
製作部門のトップを務めるボニー・アーノルド

[映画.com ニュース]不振が続くドリームワークス・アニメーションが製作部門トップを交代したと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

同社では、2011年1月から古株のプロデューサー、ビル・ダマスキ(「シャーク・テイル」)がチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めてきた。しかし、「Rise of the Gurardians」「ターボ」「Mr. Peabody & Sherman」など近作の多くが興行で苦戦しているため、ジェフリー・カッツェンバーグ最高経営責任者は解雇に踏み切った。

代わりに、「ヒックとドラゴン」シリーズでプロデューサーだったボニー・アーノルドと、「マダガスカル」シリーズのプロデューサーであるミレーユ・ソリアが、共同で製作部門のトップを務めることになったという。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース