ギャガが新日本映画社と共同事業、2本決定

2015年9月26日 06:00

「ひつじ村の兄弟」の一場面
「ひつじ村の兄弟」の一場面

[映画.com ニュース]ギャガはこのほど、新日本映画社(配給レーベル名:エスパース・サロウ)と共同事業を開始すると発表した。ギャガの配給ラインアップでは扱い難かった作家性のある、芸術性の高い作品を、新日本映画社が配給していく。

まずは2作品が決定した。12月に「ひつじ村の兄弟」(原題:「RAMS」)を新宿武蔵野館ほか全国で順次公開する。今年のカンヌ映画祭ある視点部門グランプリを受賞したアイスランド・デンマーク作品。仲が悪く40年も口をきいていない兄弟が、それぞれ飼育している羊を殺処分する事態に陥る。監督・脚本は、これが長編2本目のグリームル・ハゥコーナルソンシグルヅル・シグルヨンソンらが出演している。

もう1本は、初めて日本公開されるグアテマラ映画「火の山のマリア」(原題:「IXCANUL VOLCANO」)。16年2月に岩波ホールほか全国で順次公開する。活火山のふもとにある農園で家族と暮らす少女マリア。両親は一家を支えてくれているイグナシオとの婚約を望んでいたが、マリアは渡米を夢見るペペに惹かれ子を身籠ってしまう。今年のベルリン国際映画祭の銀熊賞受賞作品。監督はジャイロ・ブスタマンテ、出演はマリア・メルセデス・コロイら。

両作品とも提供はギャガ・新日本映画社、配給はエスパース・サロウのクレジットで公開する。(文化通信)

(映画.com×文化通信)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース