ミア・ワシコウスカの“ラクダ使い”がスゴい!「奇跡の2000マイル」本編映像公開

2015年7月15日 13:45

ミア・ワシコウスカがラクダと旅する「奇跡の2000マイル」の一場面
ミア・ワシコウスカがラクダと旅する「奇跡の2000マイル」の一場面

[映画.com ニュース] オーストラリアの砂漠を踏破した女性の実話を映画化した「奇跡の2000マイル」で、主演のミア・ワシコウスカがラクダを調教する場面の映像を、映画.comが入手した。

今回公開された映像は、ワシコウスカ演じるロビンが、ラクダを思い通りに操ろうとする男に、注意するところからスタート。男はラクダを力づくで引っ張ろうし、ラクダは次第に興奮し、猛獣のような迫力で男を威嚇(いかく)し始める。ロビンは、そんなラクダにゆっくり近づき「落ち着いて」と語りかける。ラクダは次第に大人しくなり、ロビンに従うようになる。これから長い旅を共にする、ロビンとラクダの心の対話が始まったかのような印象的なシーンだ。

ワシコウスカは映画の撮影が始まる前に、原作者とともに南オーストラリアのラクダ農場に行き、ラクダとキャンプをした。「まるまる2日間ラクダのことを知り、彼らの周りにいることに慣れて、基本的なラクダの言葉を学んだわ。ラクダと話す時に使うのは主に7つの言葉なの。ほんとうに素晴らしい時間だった。今でも最高の出来事だったと思う。ラクダと多くの時間を一緒にすごせば、それだけ絆が強くなる。ラクダたちのことが、ほんとうに好きだし、映画で共演するには最高の動物だと思う。ラクダって不思議なくらい滑らかに動くのよ」と過去のインタビューで振り返っている。

1977年、豪西部の広大な砂漠2000マイル(約3000キロ)を9カ月かけて踏破した女性ロビン・デビッドソンの実話を、ジョン・カラン監督が、デビッドソンが各地で大掛かりなロケ撮影を敢行し映画化。社会に自分の居場所を見つけられず、他人と一緒にいることが苦手だった主人公のロビンが、2000マイルにもおよぶ壮大な旅の経験を通し、成長していく様を描く。

奇跡の2000マイル」は、7月18日から東京・有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース