イタリア映画特集「Viva! イタリアVOL.2」が6月から開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月31日 > イタリア映画特集「Viva! イタリアVOL.2」が6月から開催
メニュー

イタリア映画特集「Viva! イタリアVOL.2」が6月から開催

2015年3月31日 08:00

「フェデリコという不思議な存在」の一場面「フェデリコという不思議な存在」

「フェデリコという不思議な存在」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イタリア映画傑作選「Viva! イタリアVOL.2」が、6月27日からヒューマントラストシネマ有楽町で開催される。2013年に開催され好評を博した「Viva! イタリア」の第2弾となる。

今回は、フェデリコ・フェリーニと親交のあったエットレ・スコーラ監督による「フェデリコという不思議な存在」(13)をはじめ、心に傷を負った人間が再生していく過程を穏やかに描く「ただひとりの父親」(08、ルカ・ルチーニ監督)、勘違いからベルルスコーニ首相を糾弾する映画を製作する羽目になった男を描く「夫婦の危機」(06、ナンニ・モレッティ監督)の3本を上映。配給はパンドラ。

そのほかの劇場は、7月から名演小劇場、8月からテアトル梅田、以後、京都みなみ会館、神戸元町映画館など全国巡回開催。(文化通信)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi