「深夜食堂」大ヒットで、キャスト&監督が観客180人と乾杯!

2015年2月14日 13:20

座談会に出席した「めしや」の“常連客”ら
座談会に出席した「めしや」の“常連客”ら

[映画.com ニュース]小林薫主演の映画「深夜食堂」が全国80館という小規模公開ながら興収が2週連続トップ10入りし、2月13日渋谷TOEIでヒットを記念した特別座談会イベントを開催した。

この日は、テレビシリーズ放送時から食堂「めしや」の“常連客”である不破万作小林麻子宇野祥平金子清文と、松岡錠司監督が出席。観客にも缶ビールが配られ、松岡監督の音頭で全員乾杯して始まるという、「深夜食堂」らしいイベントとなった。

登壇者らはテレビシリーズからの5年間を振り返り、全員が映画化を「うれしい」と頬をゆるめた。松岡監督はテレビシリーズを始めるきっかけを「小林薫さんが『こういうの興味ないか』ってお話を持ってこられたのが始まり」と明かし、「(小林薫のマネージャーに)コミック1巻を渡された翌日、2巻以降を大人買いしていた。それで『俺やる気あるんだな』と気が付いた」と、作品との運命的な出会いを語った。

さらに、「『なぜわざわざ映画に?』という声があることはわかっていた」としながら、「映画を見た人のツイッターで、『わかった。もともと映画だったんだな』という意見があって、納得できた」と、テレビシリーズの作りがそもそも映画の様だったと説明した。

観客からの「(小林薫演じる)マスターの頬にある傷は?」という質問に、松岡監督は「そのことには触れてはいけないという原作の方の意向があります」としながらも、「修羅場を経験してきた“記号”なんです」と自らの見解を示した。また、「主演の小林薫さんは、実像が映ってない時もガラスに映っているから、最初から最後までいなきゃいけない。ブツブツ言われましたよ」と裏話を披露すると、小林も「出されるお茶漬けが本当に美味しいから(カットがかかっても)最後まで食べちゃう」とグルメ作品らしいエピソードを披露。松岡監督は「みんなセットの中で食べてるよね。次のシーンに行きたいのに(笑)」とおどけながら不満を漏らしていた。

「深夜食堂」は、240万部を超える人気コミックの実写化。午前零時から7時頃まで開店する食堂「めしや」通称「深夜食堂」を舞台に、そこに集う高岡早紀柄本時生多部未華子筒井道隆ら客たちの人間模様を、小林薫扮するマスターが温かい料理と視線でもてなしていく。現在全国で公開中。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース