キング「IT」映画版、2015年夏クランクインへ キャリー・フクナガ監督がメガホン

2014年12月31日 22:00

あの恐怖がスクリーンでよみがえる
あの恐怖がスクリーンでよみがえる

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが数年前から進めている、スティーブン・キングの傑作長編「IT」の映画化プロジェクトが、2015年夏にクランクインすることがわかった。

同作のプロデューサー、ダン・リンが、米Vultureの取材に対して明かした。3月から準備に入り、夏には撮影する予定だ。映画は2部作になり、「闇の列車、光の旅」「ジェーン・エア」のキャリー・ジョージ・フクナガが監督と共同脚本を務める。なお、フクナガは第2部ではメガホンをとらない可能性もあるという。

1986年に発表された「IT」は、幼い頃に体験した得体の知れない恐怖(IT=それ)と再び対峙するべく、故郷の町に戻ってきた7人の主人公の姿を描いたホラー小説。原作も幼少期と大人になってからの2部構成となっており、映画もそれに対応するかたちになるようだ。

「IT」は、90年に米ABCが制作したミニシリーズがあるが、映画化されるのは今回が初めて。リンによれば、原作者のキングも今回の脚本を非常に気に入っており、「ぜひこのバージョンで進めてくれ!」というメッセージをもらっているという。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース