「寄生獣」ミギー役は阿部サダヲ!パフォーマンスキャプチャー撮影に挑戦

2014年8月22日 08:00

「寄生獣」でミギー役を務める阿部サダヲ
「寄生獣」でミギー役を務める阿部サダヲ

[映画.com ニュース] 俳優の阿部サダヲが、岩明均氏の伝説的漫画を山崎貴監督、染谷将太主演により2部作で映画化する「寄生獣」「寄生獣 完結編(仮)」に出演し、主人公・泉新一(染谷)の右腕に寄生するパラサイト・ミギーを演じていることが明らかになった。阿部は、本編クランクイン前の昨年11月に誰よりも早く撮入し、劇中ではCGとして描かれるミギーの声にとどまらず、全身にモーションキャプチャースーツ、頭部にヘッドマウントカメラと装着するパフォーマンスキャプチャー撮影に挑み、文字通りミギーになりきって息吹を注ぎ込んだ。

阿部が演じるミギーは、世界中に熱狂的なファンをもつ今作の“中心的人物”。染谷をはじめ、深津絵里橋本愛東出昌大浅野忠信大森南朋北村一輝ら豪華キャストが発表されるなか、ミギーのキャスティングだけは伏せられていた。大トリを飾ることになった阿部だが、撮影は先陣を切って行われ、三次元空間における人間の動作に加え、表情の変化もデジタルデータとしてコンピューターに取り込むパフォーマンスキャプチャー撮影を、2日間で撮りきったという。

オファーを受ける前から原作を読んでいた阿部は、「発想がすごくて面白いなと思いながら読みました。ミギーってすごく印象的だしいい役なので、ミギー役に決まったとき『僕でいいんですか?』と思いましたが、嬉しかったです」と振り返る。それでも撮影には難儀したようで、「声だけでなく、モーションキャプチャースーツを着て動きも演じると聞いたときからドキドキし始めました(笑)。もともと、そんな撮影をするって知らなかったんです。(最初は)いけるなって思ったんですけど、そうでもなかったです(笑)」と明かす。

新ビジュアルも公開!
新ビジュアルも公開!

阿部がミギーに注入した生きた動きが、本編撮影時、染谷に、山崎監督に、そして全スタッフにとって大きな活力となった。染谷は、「CGとのお芝居ではあったのですが、デジタルという素材に生を吹き込んでいただけたおかげで、現場であたかもミギーとお芝居をしている感覚になりました。自分にはミギーが見えていました」と証言。山崎監督も、「阿部さんには声のみならず、パフォーマンスキャプチャーにも挑戦してもらい、ミギーという存在の核となる部分を作ってもらいました。早く阿部さん演じるミギーを皆さんに紹介したくてうずうずしています」とコメントを寄せている。

月刊アフタヌーン(講談社刊)に1990年1月号~95年2月号に連載されていた原作は、連載終了から20年近く経った現在も多くのファンから愛される伝説的なSF漫画。正体不明の生物「パラサイト」が人間の脳に寄生し、全身を支配してしまうという設定。主人公の新一は、右腕に宿ったパラサイト「ミギー」と共生しながら、ほかの寄生獣たちとの戦いや別れを経験し、成長していく。撮影は既に終了しており、第27回東京国際映画祭(10月23~31日)のクロージング作品としてワールドプレミア上映される。

なお、ミギーの声と動きが盛り込まれた同作の特別映像が8月22日午後9時からの日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」内で放送される。

寄生獣」は11月29日、「寄生獣 完結編(仮)」は2015年に全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com