「ペテロの葬列」主演・小泉孝太郎と主題歌・近藤晃央が固い握手!

2014年8月12日 19:25

近藤晃央と小泉孝太郎
近藤晃央と小泉孝太郎

[映画.com ニュース] シンガーソングライター・近藤晃央が8月11日、TBSのおひざ元、東京・赤坂サカスでミニライブを行い、同局系連続ドラマ「ペテロの葬列」(月曜午後8時)の主題歌「心情呼吸」(8月20日発売)を披露。ドラマ主演の小泉孝太郎が激励に駆けつけ、ドラマの成功と主題歌のヒットへ、固い握手を交わした。

1年前のシリーズ前作「名もなき毒」に続く書き下ろし主題歌で、小泉は「しびれました」と最敬礼。近藤は「(主人公)杉村三郎を小泉さんが演じている姿がよりイメージできた」と語り、小泉は「主演の責任重大ですね。そこまでの思いで作ってくれてとてもうれしい」と感謝を示した。

また、近藤は「小泉さんに見せたいものがある」と言い、全国ツアーを通じファンがドラマへのエールを書き込んだ寄せ書き幕を披露。小泉は「主題歌だけじゃなくてここまでしてくれなんて……。励みになる」と感激しきりだった。

ドラマは、宮部みゆき原作“杉村三郎”シリーズの映像化第2弾。第6話(8月11日放送)では、第1話で起きたバスジャック事件をはじめ、さまざまな事件が一つの巨大犯罪につながっていく真相が明らかに。杉村と妻・菜穂子(国仲涼子)、ヒロイン・間野京子(長谷川京子)の関係にも注目。第7話(8月18日放送)には、近藤が歌手役でゲスト出演する。(映画.com×文化通信.com)

(映画.com×文化通信)

フォトギャラリー

(C)文化通信

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース