J・J・エイブラムス監督、クリストファー・ノーラン監督らがフィルムを救う

2014年8月4日 12:05

コダックから一定量のフィルムを購入する契約を締結
コダックから一定量のフィルムを購入する契約を締結

[映画.com ニュース]閉鎖の危機に立たされていたコダックの映画フィルム工場を、J・J・エイブラムス監督やクリストファー・ノーラン監督、クエンティン・タランティーノ監督らが救ったと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

デジタルシネマの発達により、コダックのフィルムの売り上げは過去10年間で96%ダウン。富士フイルムが映画用のフィルム製造から撤退したいま、唯一のフィルム生産者であるコダックの行く末が案じられていた。

しかし、フィルムを愛するエイブラムス監督やノーラン監督、タランティーノ監督、ジャド・アパトー監督らは、映画スタジオに働きかけ、今後、コダックから一定量のフィルムを購入する契約を締結させたため、コダックはフィルム製造を継続することができるようになった。コダックのジェフ・クラーク最高経営責任者は、「フィルムを延命させる道を見つけてくれた映画業界のリーダーの支援と創意に感謝します」と声明を発表している。

エイブラムス監督は「スター・ウォーズ エピソード7」をフィルムで撮影しており、ノーラン監督も「インターステラー」をIMAX用と通常の35ミリのフィルムで撮影している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース