インドの感動作「バルフィ!」自閉症の少女を演じたのは、ミスワールド出身のセクシー美女!

2014年7月12日 15:25

インド美女プリヤンカー・チョプラ
インド美女プリヤンカー・チョプラ

[映画.com ニュース] 今夏公開のインド発の感動作「バルフィ!人生に唄えば」で、主人公のバルフィに恋する自閉症の少女ジルミルを、ミスワールドにも輝いた美人女優プリヤンカー・チョプラが演じている。ほとんどセリフはなく、まるで少女のようなあどけなさを感じさせる難役と、本国ではツンデレセクシー美女として知られるそのギャップに注目だ。

インド映画に造けいの深い映画ライターの村山章氏は「絶世の美女がわんさかいる国インドの代表になって、ミスワールドにまで輝いた実績は伊達じゃない。タイプとしてはモデル風のツンデレ、もしくはツンツン系で、決して親しみやすいタイプじゃない。その“高嶺の花”感はインド人男性も感じているよう」と本国でのチョプラのイメージを紹介。そして、「モデル出身の圧倒的な美貌を持ち、セクシーでありながら上品。キツ目なんだけど純粋さも失わない。日本で敢えて近い立ち位置の女優を挙げるなら、黒木メイサ」だと説明する。

映画はろうあの主人公バルフィと、愛を知らずに育った自閉症のジルミル、絶世の美女シュルティの2人の女性とのラブストーリー。本作の中でジルミルが歌を口ずさむシーンでは、美声とは言えない歌声を披露して笑われてしまうが、実際のチョプラは歌手としても活躍しており、レディ・ガガをマネージメントするAtom Factorがマネージメントを担当するなど、世界的にその実力が認められている。

本作でのチョプラの魅力について村山氏は「彼女の場合は美しさばかりが先行して語られてしまっていたと思うのです。それが『バルフィ!』では、まさに女優開眼とも呼ぶべき大変身を遂げている。バッチリメイクしていないすっぴんに近いプリヤンカーが見られるというだけでファンには衝撃的なことですし、他人の目を一切気にしない野生児のようなキャラを演じていて、本当に演技が躍動感にあふれている。ここまで解放されたプリヤンカーが見られることは、嬉しい驚きのひとつでした。しかも、モデル的な装飾をすべて剥ぎとってもなお、彼女はとてつもなく可愛いらしく、また魅力的だった」と女優としての新境地を称えている。ラストではバルフィとジルミルの感動的なクライマックスが用意されており、インド美女の熱演に注目したい。

バルフィ!人生に唄えば」は8月からTOHOシネマズシャンテ、新宿シネマカリテほか全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
闇の帝王DON ベルリン強奪作戦[DVD]

闇の帝王DON ベルリン強奪作戦[DVD]

最安価格: ¥4,290

ハリウッドを超えた“ボリウッド”。インド映画最強の4作品“ボリウッド4”がついに日本上陸!

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース