コロッケ、「しんちゃん」のモノマネ初挑戦も矢島晶子が「7点」とダメ出し

2014年4月19日 15:12

公開初日を迎えた「映画クレヨン しんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」
公開初日を迎えた「映画クレヨン しんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」

[映画.com ニュース] アニメ映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」でゲスト声優を務めたモノマネタレントのコロッケが4月19日、矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治こおろぎさとみらレギュラー声優とともに、公開初日を迎えた東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2で舞台挨拶に立った。

昨年の「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」に続き、映画シリーズ史上初めて2年連続でのゲストとなったコロッケ。今回は天才科学者の頑馬博士という役どころで、「今までにはない新しい声を、自分なりに作り出した。一歩間違うと、志村(けん)さんになっちゃうので音程も考え、すごく緊張した」とアフレコを振り返った。

しんちゃんは映画化22年。コロッケの芸歴はそれを上回る34年を誇るが、「怒られても懲りないところに相通じるものがある。きっとしんちゃんは、大人になってもバカをやってふざけていると思う」と仲間意識を強調。しんちゃん(矢島)も、「コロちゃん、ありがとう~」と喜び、お尻を擦り合わせて友情の証を示した。

その後は声優陣からモノマネのリクエストが殺到。映画の中で描かれた“ロボ五木ひろし”はもちろん、テレビシリーズの主題歌「オラはにんきもの」を北島三郎徳永英明田中邦衛のバージョンで次々に披露し沸かせた。

しかし、司会のテレビ朝日・久保田直子アナウンサーが「ぜひ、しんちゃんのモノマネを」とムチャぶりすると、「えっ!?」と真顔で戸惑い気味。なんとか、「オラ、しんのすけ」と挑戦してみせたが、矢島からは「今までが100点だとすると7点。田舎のおじさんっぽかった」とダメ出しを受けた。

それでもコロッケは、「これから練習します」と気持ちを切り替え新ネタ取得に意欲。「今度はテレビで見せられるように頑張ります」と宣言し、再び盛大な拍手を浴びていた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
映画 クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!![Blu-ray/ブルーレイ]

映画 クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!![Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,224

劇場版「クレヨンしんちゃん」の第21弾は、ある春の日、春日部で起こった奇跡と友情と空腹の物語。
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦[DVD]

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦[DVD]

最安価格: ¥1,652

劇場版「クレヨンしんちゃん」の第19弾!

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース