デジタル化の影響で甚大な損失 「デラックス」がハリウッドの現像所を閉鎖 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月16日 > デジタル化の影響で甚大な損失 「デラックス」がハリウッドの現像所を閉鎖
メニュー

デジタル化の影響で甚大な損失 「デラックス」がハリウッドの現像所を閉鎖

2014年3月16日 22:50

[映画.com ニュース]映画界がデジタルへの移行を進めるなかで、米映画界を長年にわたって支えてきたフィルム現像所デラックスが、ハリウッドにある現像所の閉鎖を発表したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

顧客へ向けた手紙で、同社のウォーレン・スタイン最高経営者は5月9日に同施設を閉鎖すると発表。「撮影と上映においてフィルムの使用が急激に落ち込んだため、甚大な損失を被り、厳しい決断をしなければなりませんでした」と説明している。

デラックスは、ロンドンにある現像所も閉鎖していることから、これでニューヨークの現像所のみになった。ライバルのテクニカラーも、カナダ、イギリスに続き、米グレンデールの現像所を閉鎖している。

なお今年1月、パラマウント・ピクチャーズは今後の新作をすべてデジタルで配信すると発表しており、他のスタジオも追従するものとみられている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi