吉浦康裕監督「サカサマのパテマ」東京国際映画祭特別招待作に決定

2013年9月20日 21:00

「サカサマのパテマ」の一場面
「サカサマのパテマ」の一場面

[映画.com ニュース]ネット配信で話題を呼んだアニメ「イヴの時間」で知られる、吉浦康裕監督の初長編作「サカサマのパテマ」が、第26回東京国際映画祭(10月17~25日開催)に、特別招待作品として出品されることが決定した。10月24日にジャパンプレミア上映される。

空を忌み嫌う世界に住む少年エイジと、暗い地底世界からやってきたお姫様パテマ。異なる世界のふたりが出会ったことから、封じられていた「真逆の世界」の謎が動き出す。6月には、仏アヌシー国際アニメーション映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で上映され、注目を集めた。

吉浦監督をはじめ声優の藤井ゆきよ(パテマ役)、岡本信彦(エイジ役)が、10月17日に行われるオープニングセレモニーのグリーンカーペット、24日のジャパンプレミア上映に出席する予定だ。

サカサマのパテマ」は、11月9日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース