ディカプリオ×スコセッシ最新作「ウルフ・オブ・ウォールストリート」12月20日公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月6日 > ディカプリオ×スコセッシ最新作「ウルフ・オブ・ウォールストリート」12月20日公開決定
メニュー

ディカプリオ×スコセッシ最新作「ウルフ・オブ・ウォールストリート」12月20日公開決定

2013年8月6日 12:00

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」ロゴ「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」ロゴ
(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]巨匠マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが5度目のタッグを組んだ最新作「THE WOLF OF WALL STREET(原題)」が、邦題「ウルフ・オブ・ウォールストリート」として12月20日に公開することが決定し、このほど特報映像がお披露目された。

本作は、実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回顧録「ウォール街狂乱日記『』と呼ばれた私のヤバすぎる人生」(早川書房刊)をもとに映画化。1980~90年代のニューヨーク、ウォール・ストリートを舞台に、20代で証券会社を設立し億万長者に登り詰めるも、証券詐欺の違法行為で逮捕されるまでのベルフォートの栄光と挫折の10年間を、明るいタッチで描いたエンタテインメント。

学歴もコネもなかったが、誰も思いつかないような大胆なアイデアと一瞬にして人を虜にする話術で成功を収め、年収4900万ドル(約49億円)を稼いで“ウォール街のウルフ”と呼ばれたベルフォート。常識を超えた金遣いで世間を驚かせ、すべてを手に入れたかのようにふるまうも、一夜にして頂点から転がり落ちた男の破天荒な人生をディカプリオが軽妙に演じる。

公開された特報映像は、仕立てのよいスーツに身を包み、自信に満ちあふれた表情で社員たちの前に立つディカプリオの姿から、ベルフォートの人柄が伺える。また、クルーザーの上からドル札をばら撒いたり、100ドル札を丸めてゴミ箱に投げるなど、ディカプリオが初めて演じる、“欲にはキリがない”キャラクターが垣間見られる仕上がりとなっている。

ウルフ・オブ・ウォールストリート」は12月20日全国公開。

アビエイター[Blu-ray/ブルーレイ] アビエイター[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 2005年度アカデミー賞最多5部門に輝く栄誉を手に入れたマーティン・スコセッシ監督作品。壮大なスケールで贈るアクション大作。出演:レオナルド・ディカプリオ
ディパーテッド[DVD] ディパーテッド[DVD] 最安価格: ¥1,000 巨匠マーティン・スコセッシが、香港映画『インファナル・アフェア』をリメイクしたアクションサスペンス。出演:レオナルド・ディカプリオ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi