ゴーバスターズ×ゴーカイジャー、映画初日に「火の用心!」

2013年1月19日 14:45

公開初日を迎えた「特命戦隊ゴーバスターズ VS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」
公開初日を迎えた「特命戦隊ゴーバスターズ VS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」

[映画.com ニュース] 人気特撮ヒーローが共演する「スーパー戦隊VSシリーズ」の最新作「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」が1月19日、全国257スクリーンで封切られた。東京・新宿バルト9で初日舞台挨拶が行われ、レッドバスターこと桜田ヒロムを演じる鈴木勝大、メガホンをとる柴崎貴行らが登壇。同日が「家庭消火器点検の日」であることにちなみ、江戸時代の火消し隊をイメージした特製の纏(まとい)を掲げ、火の用心を呼びかけた。

映画はゴーバスターズと、宇宙帝国ザンギャックから地球を守ったはずのゴーカイジャーが、手にすれば巨大な力を宿すといわれる「幻のレンジャーキー」をめぐって激突する。鈴木は「こうして映画が公開できるのも、皆さんのおかげです。テレビ版ももう少し残っていますし、これからも恩返しできれば。皆さんの“ハートの火”は消しません」と感無量の面持ち。柴崎監督も「出し惜しみせず、全開で頑張った。『予算は大丈夫?』って思うほどてんこ盛りの作品」と誇らしげだった。

舞台挨拶には馬場良馬小宮有紗松本寛也(「特命戦隊ゴーバスターズ」)、山田裕貴市道真央小池唯池田純矢(「海賊戦隊ゴーカイジャー」)が出席。当初、舞台挨拶に参加予定だった「海賊戦隊ゴーカイジャー」の主演・小澤亮太が体調不良で、また清水一希がスケジュールの都合を理由に欠席した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース