メイド姿の加藤夏希、AKB仲谷の声を絶賛「まるで聖水」

2012年9月13日 21:30

姉妹役で共演する加藤夏希(左)とAKB48仲谷明香
姉妹役で共演する加藤夏希(左)とAKB48仲谷明香

[映画.com ニュース] 人気WEBコミックを実写映画化した「武蔵野線の姉妹」の完成披露試写会が9月13日、都内で行われ、姉妹役で共演した加藤夏希仲谷明香(AKB48)、中田ちさと(AKB48)、主題歌を歌う松澤由美山本淳一監督が舞台挨拶に立った。加藤は劇中でも披露するメイド姿で登場し「こんな衣装を着る機会はなかなかないので、楽しく撮影できた」と笑顔で述懐。仲谷の“声”を「透き通っていて、心が洗われる。まるで聖水のようで、聞いていてキュンキュンした」と絶賛していた。

埼玉県某市の武蔵野線沿線に暮らすセレブ姉妹・緑川蘭子(加藤)とひかる(仲谷)の日常をコメディタッチで描く。悠々自適だがニートのような生活に疑問を抱き、秋葉原のメイド喫茶で働き始めた妹の“リア充”ぶりに、姉は心中穏やかではいられず……。

加藤は「人間じゃない動きや表情をする原作のキャラクターを、どう実写化するか不安だった」と振り返るが、「もう自分を捨てて、やれるだけやると決めた。すごくタイトなスケジュールだったが、(撮影期間)4日間で映画ができるんだって思いました」とあっけらかん。山本監督も「いい意味でぶっ壊れてくれた」と加藤の体当たり演技をたたえた。

仲谷は本格的な演技に初挑戦し「目の前にカメラがあって、向き合う人物(共演者)がいて……。自分の顔、大丈夫かなって不安でした。自分の映像を見るのも苦手ですし」と落ち着かない様子。一方、やはり演技初体験の中田は「初めてですが自分なりに考えながら、演じさせていただいた。メイド服を着た姿を見て『私もまだまだイケる』と思ったし、一番の見どころは、ふだんなら絶対にやらないツインテール」と自信たっぷりだった。

武蔵野線の姉妹」は11月17日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース