森下悠里、代表作「ふたりエッチ」は「青春のバイブル」

2012年5月13日 04:00

主演の森下悠里は感無量
主演の森下悠里は感無量

[映画.com ニュース] 克・亜樹の人気ラブコメ漫画「ふたりエッチ」を実写映画化したシリーズ第3作「トリプル・ラブ」と第4作「ラブフォーエバー」を、劇場用にまとめた特別編集版「映画版 ふたりエッチ トリプル・ラブ&ラブフォーエバー」が5月12日、東京の池袋のシネマ・ロサで公開され、主演の森下悠里岡田光木口亜矢秋山莉奈横山一洋監督らが舞台挨拶に登壇した。

互いに性体験がないままお見合い結婚をした優良(森下)と真(岡田)が、試行錯誤しながら“本当の夫婦”となっていく姿を描くシリーズ最新作。パート3にはかつて真に想いを寄せていた同級生の詩織(木口)、パート4にはオリジナルキャラクターの雪女(秋山)が登場する。

主演続投の森下は、「この映画に出るまで髪の毛は短かめで明るかったけど、優良さん役のためにロングの黒髪に染めた。原作は私の青春のバイブルだし、大好きなキャラクターを演じることができて光栄です」と感無量の面持ち。また、「コスプレプレイに注目。ポリスは自前のコスプレを持ってるくらい得意中の得意だけど、赤ちゃんプレイは初めてだった。真さんがすごく生き生きとしていたので、皆さんも試してみて。前作に引き続き、内容もより濃く、面白く、エッチに、感動的になっている」とアピールした。

相手役の岡田は、「愛していただいて本当にありがとうございます。最初の頃は今以上にプレッシャーや緊張があったけど、監督や森下さんに助けてもらいながら成長できた」と感謝しきり。秋山は、原作コミックを「教科書にはさんで読んでいたくらい好きだったので、出演が決まった時はうれしかった。悠里ちゃんにこれでもかってくらい密着して撮影してたので、悠里ちゃんファンの皆さま、ごめんなさい」とニヤリ。横山監督は、「女性陣はセクシーに、男性はバカに徹してもらった。3話では韓国ドラマのような純愛、4話の方ではハリウッド映画のようなラブフォーエバーを楽しんで」と客席に語りかけた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース