米ワーナー、魔女が主人公のファンタジー小説の映画化権を獲得

2011年7月24日 17:00

米ワーナーが映画化権を獲得した 「A Discovery of Witches」
米ワーナーが映画化権を獲得した 「A Discovery of Witches」

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、ベストセラー小説「A Discovery of Witches」の映画化権を獲得したと、Deadlineが報じた。

歴史学者デボラ・E・ハークネスのデビュー作で、主人公の魔女と1500歳のバンパイア、そして失われた原稿をめぐるファンタジー小説。3部作の第1弾で、来夏には第2弾「Shadow of Night」が発売される予定だ。

最後の初恋」や「旅するジーンズと16歳の夏」などを手がけたデニース・ディ・ノビアリソン・グリーンスパンがプロデューサーを担当。ワーナーは、完結を迎えた「ハリー・ポッター」シリーズに続く、新たなヒット作として期待しているようだ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース