ラース・フォン・トリアー監督、次回作は女性のエロスがテーマ

2011年4月7日 11:20

次回作は女性のエロスがテーマ
次回作は女性のエロスがテーマ

[映画.com ニュース] デンマーク映画界の奇才ラース・フォン・トリアー監督が、次回作で女性のエロスをテーマの主軸に置くことがわかった。

米Playlistによれば、トリアー監督の新作の仮題は「ニンフォマニア(The Nymphomaniac)」。色情狂の女性を指す言葉。トリアー監督は、女性の性欲やエロチシズムの芽生えを描きたいと語っている。なお、同作はこれから出資者を探す段階で、キャストは未定。

また、完成させたばかりのSFスリラー「メランコリア(原題)」で、カンヌ映画祭出品を狙っているという。キルステン・ダンストシャルロット・ゲンズブールキーファー・サザーランドシャーロット・ランプリング、ウド・キアー、ジョン・ハート、ステラン・スカースガード、アレクサンダー・スカースガードという豪華キャストの共演が話題で、すでに今年下半期での全米公開が決定している。

トリアー監督の最新公開作「アンチクライスト」は現在上映中。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
アンチクライスト
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース