ギャラもらいすぎの俳優ランキング、ウィル・フェレルが2年連続1位

2010年11月8日 11:46

不名誉な2連覇
不名誉な2連覇

[映画.com ニュース] 米経済誌フォーブスが、2010年度「ギャラをもらいすぎている俳優トップ10」を発表し、ウィル・フェレルが昨年に引き続き第1位に選ばれた。

同誌の「最も影響力のあるセレブ100人」にランクインしている俳優を対象に、近作3本(アニメーション映画を除く)の製作費と収入をもとに算出。それによると、「マーシャル博士の恐竜ランド」(09)、「俺たちステップ・ブラザーズ/義兄弟」(08)、「俺たちダンクシューター」(08)に出演したフェレルに支払われた報酬1ドルに対する利益は3.35ドルで、最もコストパフォーマンス(費用対効果)が低かった。

第2位はエディ・マーフィで、報酬1ドルに対する利益は4.45ドル。一方、2年連続でコストパフォーマンスの高い俳優の第1位に選ばれたシャイア・ラブーフは、報酬1ドルに対して81ドルを稼ぎ出している。

ギャラもらいすぎの俳優トップ10は以下の通り(カッコ内は費用1ドルに対する利益)。

1位 ウィル・フェレル(3.35ドル)
2位 エディ・マーフィ(4.45ドル)
3位 デンゼル・ワシントン(5.10ドル)
4位 セス・ローゲン(6.75ドル)
5位 トム・クルーズ(7.20ドル)
6位 ドリュー・バリモア(7.45ドル)
7位 マット・デイモン(8.30ドル)
8位 ビンス・ボーン(8.35ドル)
9位 アダム・サンドラー(8.45ドル)
10位 ジム・キャリー(8.60ドル)

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース