深田恭子の悪女役に、塚本&恭兵メロメロ

2010年10月21日 15:14

総額2億円のジュエリーに気分はオスカー女優
総額2億円のジュエリーに気分はオスカー女優

[映画.com ニュース] 東野圭吾のベストセラー小説「幻夜」が、WOWOW「連続ドラマW」枠で放送されることになり10月21日、都内で制作発表会見が行われた。会見には、究極の悪女を演じる深田恭子をはじめ、塚本高史柴田恭兵が出席。深田は人気宝飾ブランド「ハリー・ウィンストン」の総額2億円に及ぶジュエリーを身につけて登場した。

阪神大震災直後、借金の返済を迫ってきた伯父を衝動的に殺してしまった青年・水原雅也(塚本)と、その場に居合わせたナゾの美女・新海美冬(深田)の逃避行を軸に、ふたりを追う加藤刑事(柴田)の孤独な捜査を描いたサスペンス。来年1月にWOWOWフィルムズとして劇場公開される東野原作「白夜行」の“姉妹編”と呼ばれる作品で、こちらも直木賞候補に挙がり100万部に迫る勢いで売り上げを伸ばしている。

深田は、目的のためには手段を選ばない究極の悪女を演じ「私にとっては新境地で、大変な挑戦だった。精神的にきましたね」と述懐。「内側から見ると、美冬って気持ちがひとつじゃない。だから共感や理解するのが難しい女性だし、『彼女に安心はあるんだろうか?』って思わず考え込んでしまった」と話した。また、胸元に光るネックレスを見つめながら、「何だかアカデミー賞女優気分です(笑)。今日はアクセサリーのおかげで強い気持ちで(会見に)出ることができた」と緊張気味だった。

一方、美冬を愛するがゆえ破滅への道をひた走る雅也役の塚本は、「最初のうちは『こんないいヤツいないよな』って思っていたが、撮影が進むうちに勝手に体が動いていた。深田さんのことを完全に美冬として見ていたし……きれいだな、愛していたなと思っていました」と深田本人を前に愛の告白。また、柴田も「不思議な空気をまとった女性。(刑事として)追い詰めれば、追い詰めるほど妖艶さや美しさ、迫力や貫禄が膨らんでいって、まるで(大相撲力士の)大鵬さんみたい」と独特の表現で、深田の魅力を絶賛していた。

「幻夜」は11月21日からWOWOWで毎週日曜夜10時放送(全8回、初回は無料放送)。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
  • 世にも怪奇な物語
  • 血の祝祭日
  • 2000人の狂人
  • カラー・ミー・ブラッド・レッド
  • 血の魔術師
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅰ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅱ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅲ
OSOREZONE

Powered by 映画.com