「ランボー」にあこがれた少年2人が映画作りに熱中する「リトル・ランボーズ」

2010年8月13日 13:38

「スタンド・バイ・ミー」「リトル・ダンサー」に続く感動作
「スタンド・バイ・ミー」「リトル・ダンサー」に続く感動作

[映画.com ニュース] シルベスター・スタローン主演「ランボー」(1982)をきっかけに、映画作りにみせられた11歳の少年2人の友情を、温かくユーモラスに描いたコメディ「リトル・ランボーズ」の予告編が公開された。

舞台は82年のイギリス。教会の厳しい規律により全ての娯楽を禁じられたウィル(ビル・ミルナー)は、両親不在の家で横暴な兄と暮らす学校きっての問題児カーター(ウィル・ポールター)と出会い、カーターの家で生まれて初めて映画「ランボー」を見る。興奮に酔いしれた2人は、アイデアを振りしぼり、想像力をフル稼働して映画作りにのめりこんでいく。

第23回サンダンス映画祭でのワールドプレミア上映に続き、世界中の映画祭で絶賛され、英アカデミー賞にもノミネートされた同作。監督・脚本は、ファットボーイ・スリム、レディオヘッド、ベックなどのプロモーションビデオで知られるガース・ジェニングスが手がけた。主演のミルナーとポールターは、演技初挑戦ながら好奇心あふれる多感な主人公を好演し、TVシリーズ「ゴシップガール」のチャック・バス役でブレイクした若手俳優エド・ウェストウィックも華を添えている。

リトル・ランボーズ」は、10月下旬に全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース