トム・ハンクス、11年ぶり「トイ・ストーリー3」に自信満々

2010年6月15日 15:46

11年ぶりでも名コンビぶりは健在
11年ぶりでも名コンビぶりは健在

[映画.com ニュース] ディズニー&ピクサーの3Dアニメーション「トイ・ストーリー3」のワールドプレミアが6月13日(日本時間14日)、米ロサンゼルスのエル・キャピタン劇場で行われ、声優を務めるトム・ハンクス(ウッディ)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、ジョーン・キューザック(ジェシー)らが、それぞれのキャラクターの大型人形とともに出席した。

同作は、玩具のウッディ(ハンクス)とバズ・ライトイヤー(アレン)らの冒険を描くシリーズの第3弾。持ち主のアンディが成長して不要になった玩具たちが保育園に寄付され、そこで繰り広げられる新たな冒険を描く。

ハンクスは、米CBSの芸能番組「エンタテインメント・トゥナイト」のインタビューに、「試写を見たけど、素晴らしい映画に仕上がっている。観客がお金を払って、時間をかけて鑑賞する価値が十分にあると、この上なく自信を持って言える作品だよ」と胸を張った。アレンは、「この作品は、映画の仕事のなかでも最高にエキサイティングだ」と興奮を伝えた。

また、ミスター・ポテトヘッド役のドン・リックルズは「もうこの役をやって14年間になるけど、おかげさまで孫たちのヒーローですよ。彼らはみんな『トイ・ストーリー』が大好きですから」とうれしそうに語っていた。

同プレミアに訪れたセレブリティ・ゲストのなかには、ブリトニー・スピアーズドン・チードルらの姿もあった。「トイ・ストーリー3」の米公開は6月18日、日本公開は7月10日。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース