おなべタレント・諭吉がしずちゃんKO!?フォトエッセイ「ぼく、長女です。」発売 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月17日 > おなべタレント・諭吉がしずちゃんKO!?フォトエッセイ「ぼく、長女です。」発売
メニュー

おなべタレント・諭吉がしずちゃんKO!?フォトエッセイ「ぼく、長女です。」発売

2010年3月17日 11:44

性同一障害のことをもっと理解して

性同一障害のことをもっと理解して
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] さわやかな“イケメン”に、南海キャンディーズ・しずちゃんもノックアウト!?

心は男で身体は女という、よしもと初の“おなべ”タレント・諭吉が3月16日、半生をつづったフォトエッセイ「ぼく、長女です。」の発売記念握手会を、東京・福屋書店新宿サブナード店で行った。1984年大阪生まれの25歳、うっすら女性の面影が残る端正な顔立ちに、コスプレ芸人の桜・稲垣早希とともに応援に駆けつけたしずちゃんも「カッコいい!こんな完成度の高いおなべは初めて」。一方、諭吉は「広末涼子さんがタイプです」とニッコリ。

同著は、性同一障害を持って生まれた諭吉が、女として育てられた青春時代や、過去の恋愛、家族との関係などを明るく振り返った内容。諭吉は「カミングアウトした時、父親は手を叩いて笑ってくれた。すごく温かい、ありがたい家庭で育った」と理解の深い家族に感謝。「家族に反対されてしまう人もいると思う。そういう家庭のお父さん、お母さんに読んでほしい。僕らみたいな人種がもっと認知されれば」とアピールしていた。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi