オスカー短編ドキュメンタリー賞の監督と「カニエった」プロデューサーの確執

2010年3月10日 17:16

喜ばしい瞬間が泥沼に…
喜ばしい瞬間が泥沼に…

[映画.com ニュース] 第82回アカデミー賞授賞式で、短編ドキュメンタリー賞を受賞した監督がスピーチを始めたところに突然女性が割って入り、マイクを奪って自ら話し始めるというハプニングがあった。アメリカのメディアでは、09年MTVビデオ・ミュージック・アワードの際に、最優秀女性ビデオ賞に輝いたテイラー・スウィフトの受賞スピーチを妨害したカニエ・ウェストにたとえて、「カニエな瞬間(Kanye moment)」「カニエった(pulled a Kanye)」などと報じられている。今回の当事者2人、受賞作「Music by Prudence」のロジャー・ロス・ウィリアムズ監督と、プロデューサーのエリノア・バーケットが、それぞれの事情を米サイトSalon.comとのインタビューで語った。

同作は、重度の身体障害を持ちながらも強く生きるジンバブエの21歳の女性シンガーソングライター、プルーデンスとバンドを追ったドキュメンタリー。受賞が伝えられた瞬間、ウィリアムズ監督は大喜びで壇上へと駆け上がり、感謝のスピーチを始めた。客席にはプルーデンスさんの姿もあった。そこにバーケットが乱入し、ウィリアムズ監督のマイクを奪い取ったのだ。確かにバーケットもプロデューサーとして作品にクレジットされており、プレゼンターは両者の名前を呼んでいたが、見ている側には彼女がプロデューサーだということは分からなかった。

ウィリアムズ監督とバーケットは、本作の製作中に作品の方向性に関して対立して裁判沙汰になったという。しかし、その後友好的に解決したと語るバーケットに対して、ウィリアムズ監督はバーケットは1年近く前に自らプロジェクトを降板したが、クレジットが残っていただけだと反論。さらに、バーケットはそもそも映画のアイデアを持ち込んだのも自分だと主張するが、ウィリアムズ監督はそれも真っ向から否定し、彼女は完成した作品にはいっさい関係ないと言い切っている。

いずれにしても、アカデミーから受賞スピーチができるのは1人だけと通達されていたものの、授賞式のだいぶ前から2人はまったく話をしていなかったため、それに関する打ち合わせもできなかった模様。「映画は自分のもの」だから当然スピーチも自分がすると考えていた監督と、事情はどうあれ無視されて腹を立てていたプロデューサーとの確執が、今回のような事態を招いてしまったようだ。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 篠原涼子×中村倫也×関水渚×岩田剛典×向井理×高橋克実「ウェディング・ハイ」 “クセ者”新キャスト12人参戦

    1

    篠原涼子×中村倫也×関水渚×岩田剛典×向井理×高橋克実「ウェディング・ハイ」 “クセ者”新キャスト12人参戦

    2021年10月28日 08:00
  2. 亀梨和也、脱獄した死刑囚役でWOWOW連続ドラマに初主演 「事故物件 恐い間取り」中田秀夫監督と再タッグ

    2

    亀梨和也、脱獄した死刑囚役でWOWOW連続ドラマに初主演 「事故物件 恐い間取り」中田秀夫監督と再タッグ

    2021年10月28日 05:00
  3. 「香港映画祭2021」全国5都市で開催決定! 日本初公開となる7作品をラインナップ

    3

    「香港映画祭2021」全国5都市で開催決定! 日本初公開となる7作品をラインナップ

    2021年10月28日 08:00
  4. 浜辺美波、初めての白衣姿!「ドクターホワイト」に主演で難役に挑戦

    4

    浜辺美波、初めての白衣姿!「ドクターホワイト」に主演で難役に挑戦

    2021年10月28日 06:00
  5. ティモシー・シャラメ主演「DUNE デューン」続編の米公開は2023年10月、日本は23年予定

    5

    ティモシー・シャラメ主演「DUNE デューン」続編の米公開は2023年10月、日本は23年予定

    2021年10月28日 11:00

今週