“昆虫探偵”哀川翔17年ぶりCDリリース

2010年1月13日 15:01

ヘラクレスオオカブトと2ショット
ヘラクレスオオカブトと2ショット

[映画.com ニュース] 俳優の哀川翔が1月13日、主演映画「昆虫探偵 ヨシダヨシミ」の主題歌「生きていることがいい」のレコーディングに臨んだ。劇中の人物名義ではあるが、3月17日に発売される同曲は哀川にとって約17年ぶりのCDリリースとなる。

同作は、「モーニング」「モーニング・ツー」で不定期連載中の青空大地の人気漫画で、昆虫マニアと自認する哀川が映画化を企画した意欲作。メガホンをとった佐藤佐吉監督が楽曲の作詞を手がけたそうで、「細かい部分をすごくうるさく言うんですよ。『出だしは少し丸く入ってくれ』とか20項目くらい……わけ分からなくなりましたよ」とぼやき節。それでも、シングルのリリースは「遠去かる夏の日」(93)以来となるため「久しぶりのレコーディングは新鮮だったなあ。仕上がりを聞いて、デビュー当時を思い出しましたよ」と懐かしんだ。

また、6月には音楽制作会社に勤務する長男に第一子が誕生することに触れ、「49歳で初孫かあ……若いときに孫ができるのはうれしいですよ。生きている楽しさを何となく伝えられると思うし、まだ体は動くから運動会にも出ちゃおうかな」と笑顔をのぞかせた。

昆虫探偵 ヨシダヨシミ」はリベロ配給で、4月3日から全国で順次公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース