キーラ・ナイトレイが、デビッド・クローネンバーグ監督の新作に主演

2009年12月25日 11:28

ユングと恋に落ちた女性患者役に?
ユングと恋に落ちた女性患者役に?

[映画.com ニュース] 現在、英ロンドン・ウエストエンドの舞台「ザ・ミサンスロウプ(The Misanthrope)」に出演している女優キーラ・ナイトレイが、デビッド・クローネンバーグ監督の新作映画「The Talking Cure」に主演することになった。

クリストファー・ハンプトンの同名戯曲を映画化するもので、オーストラリアのホップスコッチ・フィルムズが映像権を獲得。オリジナルは、精神分析学の創始者カール・ユングとジークムント・フロイト、そして美しい女性患者ザビーナ・シュピールラインの3人の複雑な人間関係を描いている。

英エンパイア誌などによると、クエンティン・タランティーノ監督作「イングロリアス・バスターズ」で高い評価を受けたクリストフ・ワルツマイケル・ファスベンダーが共演者として決定。「The Talking Cure」は、2010年初頭にヨーロッパで撮影開始の予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース