矢沢永吉、初の国際映画祭参加に「いい人になっちゃうね」と照れ笑い

2009年10月21日 17:48

矢沢も昔は青かったね
矢沢も昔は青かったね

[映画.com ニュース] 歌手・矢沢永吉の30年間の活動を追ったドキュメンタリー映画「E.YAZAWA ROCK」が10月21日、第22回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、矢沢と増田久雄監督が会場の東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶を行った。

劇場前のグリーンカーペットに矢沢が姿を現すと、集まったファンからは一斉に「矢沢さーん!」「永ちゃーん!」と大歓声。矢沢は、そんなファンの声援に笑顔で手を振りながら会場入り。過去の出演映画などで舞台挨拶の経験はあるというが、国際映画祭への参加は初めてで「なんか落ち着かないっすね。いい人になっちゃう(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

80年にもドキュメンタリー映画「矢沢永吉 RUN&RUN」が製作されているが、矢沢は「あれから何10年か経って、おかげさまで矢沢にもいろんなドラマが出てきているわけで、まずはフィルムを回そうよってことになった」と製作に踏み切った心境を告白。劇中の若かりしころの自分の姿には「なんて生意気なヤツなんだ(笑)」と思ったそうだが、「言いたいこと言っているんですよ。青くて生意気で、いま見ると恥ずかしいけれど、あれがあの時の自分だったんだなという気がしますね」と正直な感想を述べた。

増田監督は、「矢沢永吉のかっこよさが分かる映画。もし分からない人がいたら僕のところに来てください。勝負しますから」と自画自賛。矢沢も「矢沢って名前は知っていたけど、こういう男なんだっていう発見があるかもしれないので、よろしく」と、観客に語りかけて舞台挨拶を締めくくった。

E.YAZAWA ROCK」は11月21日全国ロードショー。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
E.YAZAWA ROCK プレミアムエディション[Blu-ray/ブルーレイ]

E.YAZAWA ROCK プレミアムエディション[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥5,984

日本の音楽シーンが平和を歌うフォークの全盛期を迎えていた頃、R&Rバンド“キャロル”を率いて衝撃のデビューを果たした矢沢永吉。30年間の歳月を貴重な未公開映像の数々を織り交ぜ、彼の生き様を描いたドキュメンタリー。
矢沢 永吉 RUN&RUN[DVD]

矢沢 永吉 RUN&RUN[DVD]

最安価格: ¥4,136

今も昔も変わらない我らがスーパーロックスター、矢沢永吉。ライブやロケ風景、プライベート・タイムも収録されており、矢沢永吉のメッセージを克明に捉えたドキュメント作品。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース