三船美佳が父・敏郎から聞かされた「ベッドタイム・ストーリー」とは?

2009年3月11日 12:00

名優の父の読み聞かせとはなんとも贅沢!
名優の父の読み聞かせとはなんとも贅沢!

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニーが贈る最新ファンタジー・アドベンチャー「ベッドタイム・ストーリー」(3月20日公開)のイベント試写会が、3月10日、東京・新橋のスペースFSにて開催され、おしどり夫婦として知られる高橋ジョージ三船美佳夫妻がパジャマ姿でトークショーを行った。

本作は、幼い甥と姪の子守をすることになった独身男スキーター(アダム・サンドラー)が、子供たちを寝かしつけようと自作の物語を語り聞かせるが、やがて子供たちが勝手に物語を進めるようになると、奇想天外な物語が現実となってスキーターの身に降りかかるというストーリー。

イベントでは、作品の内容になぞらえて高橋が観客たちに“ベッドタイム・ストーリー”を読み聞かせることになったが、朗読したのは自身のバンド・THE 虎舞竜の大ヒット曲「ロード」の歌詞。客席から笑いが起こる中、高橋は「全13章、1時間18分を短縮した究極のベッドタイム・ストーリー」と自信満々で、若い女性客たちから「歌って~!」とせがまれると、同曲のサビをノリノリで熱唱した。

高橋は本作をきっかけに、現在4歳の長女・蓮音ちゃんに自作の物語を聞かせるようになったそうで、「娘が人魚のお姫さま役で、僕は犬のジョージ役。物語に自分が出てくるのがうれしいみたいで、ものすごく喜ぶんですよ」とデレデレ。

一方、三船は自身の幼少時を振り返り、「父が映画を撮りたがっていた『孫悟空』のストーリーを、寝る時によく父から聞かせてもらいました。でもいつも話してるうちに熱くなっちゃって、(孫悟空になりきって)棒を持って暴れはじめるんです(笑)」と父・敏郎とのエピソードを披露した。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース