ドリュー・バリモアが「チャーリーズ・エンジェル3」を準備開始?

2009年1月26日 12:00

第4の美女、誰がいい?
第4の美女、誰がいい?

[映画.com ニュース] 「チャーリーズ・エンジェル」シリーズ(マックG監督)でエンジェルのひとり、ディラン・サンダースを演じ、同シリーズでプロデューサーも兼任した女優ドリュー・バリモアが、すでに第3作の準備段階であることを、米E!に語った。

2月6日に全米公開されるコメディ「He's Just Not That Into You」で、ジェニファー・アニストンスカーレット・ヨハンソンらと共演、製作総指揮も務めたバリモアが1月23日、記者会見で明かしたもので、彼女は上機嫌に「ついに作るわよ。『チャーリーズ・エンジェル3』を!」と漏らした。

バリモアのパートナーである製作プロ“フラワー・フィルムズ”のナンシー・ジュベネンは「機が熟したみたい。企画がやっと表面化した」とコメント。

1970年代に大ブームを巻き起こしたTV版に目をつけたバリモアは、映画化権を取得し、キャメロン・ディアスルーシー・リューをエンジェル役に招いて9年前に映画化。その3年後に同じ3人組で第2作「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル」を製作した。マックG監督による2本は合計で、世界興収5億2300万ドルを稼ぐ大ヒットとなった。

バリモアによると、まだ企画が始まったばかりだそうだが、ディアスとリューには出演してもらう意向。気になる内容についても「アイデアをあれこれ考えている最中なの。できれば4人目のエンジェルのイントロダクションにしたいわね」とのことで、もうひとりの美女が登場するようだ。

第1作でサム・ロックウェルクリスピン・グローバー、第2作でデミ・ムーアが演じた悪役についても、次回作は「たぶん男」とも。バリモアはエンジェル1名と悪役の男優1名の配役を思案中だと暗示したが、昨年8月9日に急死したボスレー役(第2作)の黒人コメディアン、バーニー・マックの穴を誰が埋めるのかも気になる。今後のキャスティングが楽しみだ。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    1

    【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    2020年10月25日 11:00
  2. 一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2

    一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2020年10月25日 16:00
  3. 「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    3

    「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    2020年10月25日 07:00
  4. ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    4

    ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    2020年10月25日 09:00
  5. ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    5

    ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    2020年10月25日 13:00

今週