2008年12月10日の映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月10日
メニュー

映画ニュース:2008年12月10日の映画ニュース一覧

「SATC」「慰めの報酬」など、08年映画版ベスト&ワーストドレッサー発表 - 12:00
「SATC」「慰めの報酬」など、08年映画版ベスト&ワーストドレッサー発表

米エンターテインメント・ウィークリー誌が、今年の映画のキャラクターの中から、ベスト&ワーストドレッサーを発表した。ベストドレッサーの第1位に輝いたのは、「セックス・アンド・ザ... [続きを読む]

「ダークナイト」、アカデミー作曲賞戦線復帰!失格は取り消しに - 12:00
「ダークナイト」、アカデミー作曲賞戦線復帰!失格は取り消しに

映画芸術科学アカデミーが、11月10日に同アカデミーの委員会が下した「ダークナイト」のアカデミーオリジナル作曲賞ノミネート失格の決定を覆したことが明らかになった。米ハリウッド... [続きを読む]

「グレイズ・アナトミー」ジョージ役のT・R・ナイトが、番組を降板? - 12:00
「グレイズ・アナトミー」ジョージ役のT・R・ナイトが、番組を降板?

現在、全米でシーズン5を放送中の米ABCの大ヒット医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」でジョージ役を演じているT・R・ナイトが、同番組から降板したいとプロデューサーに直訴したよ... [続きを読む]

9歳の少年が書いた恋愛指南書がハリウッドで映画化 - 12:00

米コロラド州キャッスルロックに住む小学4年生、9歳のアレックス・グレベン少年が書いたセルフヘルプ本が、20世紀フォックスによって映画化されることになった。米ハリウッド・レポー... [続きを読む]

アンジーがブラピの誕生日に高級バイクをプレゼント!ブラピ来日も決定! - 12:00
アンジーがブラピの誕生日に高級バイクをプレゼント!ブラピ来日も決定!

ブラッド・ピットの最新主演作「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」(09年2月7日日本公開)のワールドプレミアが12月8日、カリフォルニア州ウエストウッドのマンズ・ビレッジシア... [続きを読む]

エマ・ワトソンが「ベルトルッチ監督作品ならヌードになる」と英紙に告白 - 12:00
エマ・ワトソンが「ベルトルッチ監督作品ならヌードになる」と英紙に告白

「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役で大人気のエマ・ワトソンが、12月7日の英サンデー・タイムズ紙で、ピンヒールを履いたセクシーなミニスカート姿を披露... [続きを読む]

「LOST」のジョシュ・ホロウェイが間もなくパパに! - 12:00
「LOST」のジョシュ・ホロウェイが間もなくパパに!

米人気TVシリーズ「LOST」にソーヤー役で出演しているセクシー俳優ジョシュ・ホロウェイに、第1子が誕生する予定であることが分かった。米TVガイド誌が報じたもので、妻イェシカ... [続きを読む]

今年最も高いヒールを履いていたスターは?米ピープル誌が発表 - 12:00
今年最も高いヒールを履いていたスターは?米ピープル誌が発表

米ピープル誌が今年を振り返る「ベスト・オブ・2008」を発表、その中で今年最も高いヒールを履いていたスター12人を取り上げた。長年交際していたラッパーのジェイ・Zと今年4月に... [続きを読む]

「ジュラシック・パーク4」は原作者の死で製作中止、と製作者が明言 - 12:00

スティーブン・スピルバーグ監督の右腕として「E.T.」(82)以来の全作品を手がける、“アンブリン・エンターテインメント”共同設立者キャスリーン・ケネディが、最新プロデュース... [続きを読む]

玉山鉄二の爆弾発言に宮川大輔が汗だく。「カフーを待ちわびて」舞台挨拶 - 12:00
玉山鉄二の爆弾発言に宮川大輔が汗だく。「カフーを待ちわびて」舞台挨拶

恋愛小説を広く発掘するためにスタートした「日本ラブストーリー大賞」の第1回大賞受賞作を映画化した「カフーを待ちわびて」の完成披露試写会が、12月9日に東京・新橋のスペースFS... [続きを読む]

北乃きいが初恋を語る。北川悦吏子の初監督作「ハルフウェイ」試写会 - 12:00
北乃きいが初恋を語る。北川悦吏子の初監督作「ハルフウェイ」試写会

「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」など数多くのヒットドラマを生み出してきた脚本家の北川悦吏子による初監督作「ハルフウェイ」の完成披露試写会が、12月9日、東京・麹... [続きを読む]

映画ニュースアクセスランキング

このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る

ブログパーツ

ブログパーツ映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
Jobnavi
採用情報