お色気ネタは高橋克典のアイデアと大暴露。「特命係長 只野仁」初日

2008年12月8日 12:00

梅宮アニキは、高橋の頼もしい親戚です!
梅宮アニキは、高橋の頼もしい親戚です!

[映画.com ニュース] 高橋克典主演の大人気TVドラマシリーズの映画版「特命係長 只野仁/最後の劇場版」が12月6日に初日を迎え、東京・有楽町の丸の内ピカデリーにて、主演の高橋克典ほか、永井大櫻井淳子蛯原友里西川史子梅宮辰夫植田尚監督ら総勢11名が一同に会して舞台挨拶を行った。

本作は、昼は大手広告代理店のサエない窓際係長の只野仁(高橋)が、夜は会長直属の“特命係長”として、“暗黒王子”と名乗る人物から脅迫を受けるグラビアアイドルのシルビアを護衛しながら、事件の真相を暴いてトラブルを解決するという痛快ストーリー。

お色気要素のある本作とあって、舞台挨拶冒頭から「無敵の下半身を持つ男!」と紹介された高橋は「その紹介はやめてもらえますか?」と照れ笑い。その後も高橋との激しいベッドシーンを演じた西川から「あのベッドシーンは8時間ぐらいかけて撮影しました。むこう3年分ぐらい、十分に楽しませてもらいました。良かったですよね?」と感想を求められると、しどろもどろになって「ハイ、結構でした」と答えた高橋。植田監督からも「(お色気満点の)演出はすべて高橋さんのアイデアです」と責任転嫁され、「ちょっと! 僕は何もしてないから」と困惑する表情を見せるなど、会場の笑いを誘った。

そんな中、高橋とは親戚にあたる梅宮は「原作にはないキャラクターだけど、高橋克典の親戚(高橋の母親といとこ同士)ということで強引に割り込みました(会長役で出演)。イケメンのヒーローが悪をやっつけ、お色気もあるという単純明快な日本映画が今は少ない」と、逆説的に本作を絶賛。高橋も「只野仁は不況の世の中と戦います。1回見ただけでは分からない“ちょろい”仕掛けを楽しむために、4度、5度と劇場に足を運んで」と力強くアピールした。

特命係長 只野仁/最後の劇場版」は現在公開中。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース