CGアニメ「ロボッツ」が全米首位。日本では草なぎ剛が主演

2005年3月15日 12:00

週末の全米ボックスオフィスで、フルCGアニメ「ロボッツ」が首位デビューを飾った。オープニング3日間の興収はおよそ3600万ドルで、ウィル・スミス主演の「最後の恋のはじめ方」に次ぐ、今年2位のオープニング記録となった。

ロボッツ」は、02年の大ヒット作「アイス・エイジ」を製作したブルー・スカイ・スタジオの最新作で、ロボットの町“ロボット・シティ”を舞台に繰り広げられる新型ロボットと旧型ロボットのドラマ。主演のロドニーに扮する声優は、「スター・ウォーズ エピソード1」のユアン・マクレガーだが、日本版では草なぎ剛が務めることが決定している。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ロボッツ (吹替版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース