セバーグ

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.0勝手にしやがれ、FBI

2022年12月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

萌える

ジーン・セバーグの伝記映画というよりもFBIによる法や秩序も関係無しに強引な捜査を進める様が犯罪行為でしかない恐ろしさを描いているようで。

パリまで赴きセバーグに全てを暴露する場面は実際の話なのだろうか、FBIの良心的立場であるジャックの正しい行動が脚色だとしたならば潔さが足らない。

公民権運動やブラックパンサー党との関わりが寄附をすることでの行動しか描かれず、躊躇無しに男女の関係に至る大胆さが軽薄にもメキシコでの妊娠含めて。

奔放すぎる行動や精神のバランスを崩してしまうセバーグを献身的に支えている旦那の我慢強さに同情してしまう。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
万年 東一

3.5国家に潰された女優

2022年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「勝手にしやがれ」で一世を風靡したジーン・セバーグ。実話に基づき彼女の悲しい運命を描いたもの。
公民権運動に力を貸したことでFBIから執拗に盗聴・盗撮をされ、心ない暴露報道で家族も自身も傷ついてしまう。精神を病んだ彼女は40歳で自殺と思しき死を遂げる。国家によって潰された女優ジーン・セバーグをクリステン・スチュワートが好演しています。ストーリーのつくりも丁寧です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
arlecchino

4.0衝撃の国家犯罪とクリスティンの圧巻演技

2022年3月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

「悲しみよこんにちは」(1958)や監督・脚本ジャン=リュック・ゴダール、出演ジャン=ポール・ベルモンドの「勝手にしやがれ」(1959)でひと際名高いジーン・セバーグがアメリカ人とは、しかも公民権運動や全国有色人向上運動やブラック・パンサー等を支持と出来うるサポートをした進歩的リベラルのため国家に反米の烙印をおされたとは、まるで存じ上げませんでした。

 フランスでのヌーベルバーグの洗礼を受け世界的大ヒット作女優としてのプライドからか、随分と大胆と言うか信ずるままに行動したことが、事実としてFBIの監視下におかれ、何から何まで盗聴から証拠写真までの恐ろしさ。映画は徹頭徹尾監視の実態を描き、危険分子は抹消あるのみと現在の中国とまるで同じことを当時は行っていた事実をあからさまに、やがてセバーグが心身ともに衰弱することを目指していたってんですから恐ろしい。

 ただ、ひたすらセバーグが壊れてゆく様を描くのみで、国家の度を越した悪事を暴くような展開にはならず、これ全編気持ちの落とし所がないのが辛い。イケメン役者アンソニー・マッキー側も一切の反撃がないのも見せ場を欠く。ヴィンス・ヴォーンとジャック・オコンネルによる盗聴サイドのうち若きジャックの夫婦の仔細をも描くことから、何かしらの「転」があるかと思いきや、レストランでの電話による忠告と言うより脅し、そしてクライマックスたる静かすぎるパリのバーでの接触のみ。事実に基づくとは言え地味過ぎる。

 そのクライマックスでの全てのトリックが明白にされた時のセバーグを演ずるクリステン・スチュワートの演技が白眉に達する。もとよりこの華奢な女優のガラスに似た壊れそうな雰囲気が本作を支え、見事な女優魂を発揮する。恋多く無鉄砲なイメージも近頃はすっかり演技派の様相で、本作に続く「スペンサー」でのダイアナ妃役も評判とか。セシル・カットももとより普段のクリスティンですし、本作を演ずる最適女優でもあった。それにしてもやっと30代!圧巻のクール・ビューティーで大きく花開いて欲しいものです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ハベル
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る