ゾンビボーダーランド めざせ!アンデッドのいない国境地帯へ

2019年製作/88分/クロアチア・セルビア合作
原題:Posljednji Srbin u Hrvatskoj

スタッフ・キャスト

監督
プレドラグ・リチナ
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

2.5コメディ寄りの民族主義的ゾンビ

2024年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

 クロアチアとその歴史を知らなければ難しい内容のゾンビ映画。クロアチア人の自虐的内容の多い前半は普通に楽しむことができるけど、ワクチンが偶然見つかったところから理解不能に陥りました。

 第二次大戦中から親ナチ派が民族浄化を図ろうとしていたり、セルビア人がそのままクロアチアに留まったことなどから、反クロアチア的な思想は弱かったのだろうか。そんな感情や思惑が渦巻く中、セルビア人の血を酒に入れるとワクチンになるとか・・・かなり突飛な発想だけど、大セルビアを目指すヴェスナが謎の宇宙ステーションメンバーと取引をしているため、さらにややこしくなる。

 ゾンビ化した人々もワクチンにより回復したと思われたが、自分たちを「新セルビア人」と名乗りクロアチアを支配しようとする。もう頭がついていけません・・・

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kossy
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る