劇場公開日 2021年11月26日

幕が下りたら会いましょうのレビュー・感想・評価

3.46
7%
57%
29%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全6件を表示

1.5エイベックスは詐欺か何かにあったんですか? それぐらい不出来な映画でした

東鳩さん
2021年11月28日
PCから投稿

元々CDが売れなくなり、コロナ禍のせいでライブ収益も途絶えて、音楽とは別に新たな事業で収益出さないと会社が潰れそうなのは分かりますけど
それにしても???な映画でした
エイベックスがいくら出資して映画作らせたのか分かりませんが、こんな出来なら詐欺にあってるようなもんですよ
面白いものを作れる脚本監督と素人に毛が生えた程度の脚本監督すら見極められないなら、エイベックスは映画事業に手を出さないほうがいいんじゃないでしょうか?

細かい指摘はキリが無いんですが、大きく言えば、松井玲奈のキャラに目的や主体性が無いのが大きな問題です
基本受け身で、他者のアプローチがあってからご都合で話が少し動いて、そしてすぐに手詰まりになって話が停滞し、またご都合で話が動いて、……で、観客にはまったく納得感が無いのに松井玲奈だけ急に納得して終わる、という現代芸術みたいなラストには呆気にとられました

妹の書いた戯曲を勝手に演劇にしたことで2人がギクシャクしたなら、そこだけを中心に中心に描けばいいのに
妹は腹違いだったとか、離婚した父親とか、その父親と新しい母親の間に生まれた別の妹とか、妹の死因はアルコールハラスメントとか、家業が床屋とか、そういうのが本筋と関係無さすぎるのに尺を取り過ぎです
そういう設定を出すなら、それらすべて関係あるように伏線バラまいた上でラストに収束する脚本にしないと……
実際はまったくそうなってないですね

それに妹も妹で何を考えてたのかがまったく不明です
戯曲を盗まれたことに対してどう思っていたのかもそうですが、何をしたくて東京に行き、何でこの会社に入社したのか、何で後輩かばってアルコールを多飲したのか、とか一切何も描かれていないし分かりません
あの死に場所になった工場?にも何でゲートを開けて入っていったんですか?
なんであのタイミングで松井玲奈に電話したんですか?
一体何を言おうとしていたんですか?
妹は実の父親と交流があったんですか?
松井玲奈には、あの時電話に出ていれば……という後悔の葛藤は無くていいの?
そういうのが全く描かれていないし、答えも出してないし、多分、創作者たちの中にも答えが無いのがハッキリ伝わってきました
だからマジでレベルが低いと断言します
本当だったら、戯曲を盗まれたことに対しての妹の本音が明らかになって、それがポジティブなものだったから松井玲奈のカタルシスが氷解して泣くラストを迎えるとか、それが主人公の物語ですよ

今の脚本のままで、松井玲奈は一体何が腑に落ちてラストで泣いてたんですかね?
あれじゃあ、こっちが腑に落ちないんですよね

あのラストも本当ならエンドロール後のオマケ映像じゃないですよ
松井玲奈の泣き芝居、1番最高の演技が物語のピークに来ないと
主役の良い芝居を中心に据えないで、監督がしたかったであろう舞台に妹のマボロシが現れるというシーンをピークに据えてる時点で、監督の力量が?×10です
こんなの、自分がやりたい演出するために物語やキャラクターの行動原理や主演の演技プランを丸ごとぶち壊してるだけですからね

根本から間違ってますけど、とりあえずこの編集をアリとするならば、松井玲奈がラーメン食って泣くためには、あのラーメンは妹が1番好きだったラーメンとか、そういうのも前フリしてないとダメですよ
脚本がホント浅くて、演出もその不自然さをカバーするんじゃなくて、変わったアングルで撮ろうとか(松井玲奈が泣くシーンを完全に真横から、中途半端な画角で撮っても涙が見えないんですけど?)、表情じゃ無くて仕草や小物を撮ろうとか、そういうセンス自慢を優先して演出してるからダメな監督だなと心底思いました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
東鳩

2.5満足感も50%

Bacchusさん
2021年11月28日
Androidアプリから投稿

悲しい

幸せ

売れない劇団の座長兼演出家の女性が、妹の死を切っ掛けに、妹との過去や演劇や自身と向き合う話。

実家の美容室を手伝いながら、劇団を主催するちょいやさぐれ主人公に、東京で暮らす妹の訃報か届き巻き起こっていくストーリー。

冒頭妹が上京する日のシーンから始まり、タイトル後酔っている妹…この間何年か何カ月か経っているっ体なのね。いきなり判り難い(汗)

その後も話やシーンの繋がりが結構急で、急に降って湧いた様な話があったり、折角振ったネタを投げっぱなしにしたりと、何だか表面をさら~っとなぞった様な展開が多々。心情的にも揉まれて苦悩してとかいうほどの何かを感じるでもないし。

「幕が下りたら会いましょう」ってタイトルから公演が終わったら妹のところに逝きますなのか?とも思ったけれど、全然そんな感じでもなくて…長年の呪縛からの解放とかそういうことだけど、イマイチ沁みて来なかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus

3.0大学生の映研の製作映画みたい

2021年11月28日
Androidアプリから投稿

監督・脚本が20代半ばの人ならそれもやむ無しか?

全体的に、もう少し踏み込んでも良いのでは? という展開であっさり流してしまったりすることが多く見受けられた。
まあ、下衆の勘繰りになってしまうが予算が限られているなか、経験の浅い監督が無理やりこの尺で撮らされた、といったところなのだろう。
題材を素人劇団にしたのも制作陣自らの拙さを転嫁できる、と読んだあざとさを感じる。
妹の勤務先に乗り込んで上司を詰問する場面まで演劇調にしたのはちょっと滑稽にさえ映った。
ユーザーに飽きられて凋落傾向にあったavexが新たな収益事業とすべく映画部門を立ち上げて、まだ手探り状態なのだろうが宣伝も含めて少し本気度が弱いのかも?

ただ松井玲奈は良かった。決して演技が上手いとは言えないが着実に女優らしくなってきてる。特に目の動きでその時々の心理描写を表現するのが上手くなった。
彼女、アイドル時代から言動に意識の高さを感じさせたが、それが漸く身を結びつつある感じ。今後も更なる成長に期待したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
藤崎修次

4.0髪形、、、

2021年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

前半は心折れそうになったが後半は落ち着き、そこが少し残念

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
sakurasakura

3.5粗いシナリオだけどしっかりオチにもっていった

bionさん
2021年11月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 ちょっと強引だけど、予想できたオチに持っていった感じかな。そこで終わっていればいいのに、エンドロールの後は余計だったね。食欲は刺激されたけど。

 シナリオはとにかく粗い。被害者を支援するNPOの代表が食事誘っただけでなく、いきなり演劇を持ちかけるって、コイツやばい奴でしょ。他にも不自然な展開がある。

 シナリオに粗はあるんだけど、セリフで説明するような野暮なこともなく、受け手側が行間を想像で埋める余地がある作りなのは自分好み。早苗役の日高七海が印象に残った。辞めるきっかけを待つ30歳の演劇人の心情がよく出ていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bion

4.0人間ドラマ

2021年11月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

妹が突然亡くなり、それで知る義母姉妹。ある出来事がきっかけに疎遠だった矢先の死。悲しいという感情がすぐには姉には湧かない感じが描かれていた。
姉はぶっきらぼうでややガサツな感じ。

舞台演出をやっていた姉はやがて妹に向き合っていく。それを最後演劇にしていく。
なんてことないストーリーだが、人間らしい映画だった。

舞台挨拶付きで、前田監督、筧さん、江野沢さん、大塚さんが来場でした。綺麗で素敵でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
nobusama2011
「幕が下りたら会いましょう」の作品トップへ