劇場公開日 2021年2月26日

レンブラントは誰の手に : 特集

2021年1月28日更新

大好評の映画.com特別オンライン上映会 第5回は、
2月26日に公開予定の「レンブラントは誰の手に」を
劇場公開に先がけて実施します

画像1

映画.comがセレクトした世界の名作を、オンライン上映会という形式で皆さまに直接お届けする試み、2021年の第2回は、2月26日に公開予定の「レンブラントは誰の手に」を、劇場公開に先がけて実施します。

オランダが誇る巨匠レンブラントの絵画をめぐって、アート界隈の大物たちが繰り広げる、愛と情熱と誇りをかけた数々の行動に密着した傑作ドキュメンタリーです。

実に優雅で、知的で、しかもスリリングな、予測のつかない展開を見せる本作は、大きな発見と興奮を見る者にもたらします。是非、贅沢な時間をお過ごしください。(構成・文/映画.com編集長 駒井尚文)




画像6


44年ぶりに発見されたレンブラントの絵画、果たして本物なのか?

ロンドンのオークションに出品された1枚の絵画。オランダから参加した画商は、その絵を安値で落札することに成功しました。画商はカタログをみて直感していたのです。署名のないその絵は、レンブラントの作品に違いないと。もしも本物ならば、44年ぶりに発見されるレンブラント作品。とんでもない高値がつきます。

彼は、ヤン・シックス11世という若き画商。なんと、その祖先のヤン・シックス1世は、レンブラントその人に肖像画を描かせている裕福なオランダの名士なのでした。

画像2

レンブラントの絵画が飾られた家で暮らしてきた男だけあって、その直感は本物だと思わせる説得力があります。

果たして、その絵は本物なのか? オランダを代表する「レンブラントの権威」たちが鑑定に乗り出します。

一方、自らの寝室に飾って愛蔵していたレンブラントの2枚の絵画を、ある事情で手放さなくてはならなくなった大富豪ロスチャイルド男爵。

「何で売るかって? オランダにも存在する忌まわしいことが原因です」

画像3

……もしや、絵に悪霊が取り憑いて、夜な夜なうなされてるとか? いろいろ勘ぐってしまいます。

「忌まわしいのは『税金』と呼ばれるものです」

納得&苦笑です。相続税を支払うために、ロスチャイルド男爵がレンブラントにつけたお値段は、1億6000万ユーロ! およそ200億円です。「どんだけの資産を持ってるんだよ、ロスチャイルド家」と突っ込みたくなります。

画像4

この絵は、やがてオランダとフランスの外交問題にまで発展していきます。

とにかく、スケールがデカい。男爵の他にも、スコットランドの公爵とか、アメリカの大富豪とか、レンブラントは絵画を超越して金融資産になっている。

私は、レンブラントの絵画は何度も見たことがあります。しかしこの映画を見て、レンブラントのことを何も知らなかったのだと恥じ入りました。芸術的な側面、経済的な側面、政治的な側面、さまざまな側面から描き出されるレンブラント案件は、とにかく驚きの連続です。

オンライン上映は、2月12日(金)17:00~2月14日(日)23:59まで実施。チケットは、2月11日(木)23:59まで購入可能です。料金は1200円。

歴史に残る巨匠の作品が、現代に巻き起こすとても興味深い騒動の数々を、この機会に是非お楽しみください。

画像5

画像6

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

「レンブラントは誰の手に」の作品トップへ