劇場公開日 2020年7月17日

  • 予告編を見る

パブリック 図書館の奇跡のレビュー・感想・評価

3.5108
14%
57%
24%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全108件中、1~20件目を表示

4.0多少の古さはあるものの、真摯で軽妙な社会派エンタメとして秀逸

村山章さん
2020年7月31日
PCから投稿

この映画のことが大好きだと断った上で、いくつか批判めいたことを書きたい。ひとつは序盤のアパートの管理人との恋愛パート。男と女が気の利いた会話をしてカジュアルにベッドインという80年代、90年代的なシーンを久々に見た気がする。そして、管理人や職場の部下も含めて、女性たちがあくまでもサポート的な役割に徹していること。また、図書館に立てこもるホームレスが男性ばかりであること。クライマックスのオチのために主要キャラは男性限定にしたかったのかも知れないが、人種差別や貧富の格差など、さまざまな公的なテーマを扱っている以上、本作における男性優位性は、さすがに批判の対象になっても仕方ないと思う。

一方で、80年代育ちのエステヴェスが、今の感覚にしてみればちょっと古い作風であることが、正しい正しくないはともかく、愛らしく感じられるというのはある。全方位に正しい映画作りなんてものは存在しないし、エステヴェスが真摯にテーマに向き合っていることはちゃんと伝わるし、実直さを失わず、愉快なエンタメに仕上げてみせたバランス感覚もいい。いくつか不満はあるものの、やはりこの映画もエステヴェスのことも大好きなのである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
村山章

4.5図書館が民主主義と命を守っている

2020年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「図書館は民主主義を守る最後の砦」という台詞にぐっと来る。図書館は、だれもが情報にアクセスできる自由を保証する。移民によって発展してきたアメリカでは、言葉を学んだり、知識を得たりするために図書館は大きな役割を果たしてきた。その図書館が、今全米でホームレスたちのたまり場となっている。そして、行き場のないホームレスの生命を守る最後の砦になっていることが本作では描かれている。
大寒波に襲われた街で、ホームレスのシェルターも全く足りない状況で、行く宛のないホームレスたちが図書館を占拠する。今追い出されたら寒さで死んでしまうという状況で、図書館司書たちは彼らとともに図書館に立てこもる。検察は法を執行しようと彼らを追い出そうとする。
表現の自由や情報アクセスの自由を守るだけでなく、図書館は今、貧困で家を無くした人々の命をも守っている。タイトルの「パブリック」のあるべき形がここには描かれている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
杉本穂高

3.5公共。地味だが奥深いテーマ設定の巧さ

2020年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

知的

監督としてのエミリオ・エステベスは、ロバート・ケネディ暗殺を扱った「ボビー」など派手めの題材も手がけたが、新作で描くのは一見地味な、大寒波の夜にホームレスたちが図書館を占拠する騒動。兼脚本のエステベスが、巻き込まれる心優しい司書スチュアートの役で主演している。

図書館がホームレスのシェルター代わりになっている、との記事に着想を得た。他の利用者から苦情で退去させた悪臭のホームレスに訴えられる話が出てくるが、実際に米国の図書館が苦慮している難題だとか。

騒動に乗じて顔を売ろうとする野心家の検察官(こんな小悪党役が増えたクリスチャン・スレイター)とTVレポーターにより、スチュアートは危険な扇動者に仕立てられてしまう。占拠の行方も楽しめるが、所得格差、ホームレス支援の不足といった社会問題の穏やかな提起に感じ入った。公共は、また知の拠点である図書館は、どうあるべきかを考えさせる力が確かにある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

4.0エステベスらしい人物描写が温かく優しい味わいを残す

2020年7月1日
PCから投稿

俳優出身のバックグラウンドゆえか、エステベスは自らの監督作でいつも、一人ひとりのキャラクターの旨みを引き出し、彼らが人生を交えることで生じる化学変化にじっくりと焦点を当てる。その傾向は本作でも変わらない。語り口は急がず、焦らず。まずは寒さをしのぎたいホームレスにとって図書館がシェルター代わりと化している状況や、そもそも図書館が「知りたい」という欲求を満たすための、あらゆる人に開かれた公共の場であることを多角的に描く。では公共性とは何か。ここから自由や権利をめぐる難しい話になるかと思いきや、それらを一つのムーブメントに集約させていくのは実に巧いやり方だ。無駄に緊張や興奮を煽るのではなく、落ち着いて推移を見守れる感じ。ボールドウィンやスレーターの見せ場をもっと見たかった気もするが、ちょっと足りないくらいが本作には合っている。それによって逆に、温もりや優しさ、支え合いが際立つ名作に仕上がった。

コメントする
共感した! (共感した人 12 件)
牛津厚信

2.5流石に誤解する設定は・・・

よしさん
2021年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

厳寒のミネソタで、退館を拒否したホームレスに寄り添う図書館館員を描く物語。

ホームレス問題を扱った社会派ドラマですね。ホームレスに同情し共感する図書館館員が籠城に付き合うことになりますが、誤解から主犯者とされて苦悩します。

ただ、流石に無理があります。100名を超えるホームレスの籠城に対して、何をどうすれば誤解するこうなるのでしょうか?主役のバックボーンや、郡検事の野心等も描かれていますが、常識的に誤解しようがないだろう・・・と思います。
シリアステイストの社会派ドラマですから、「常識ではあり得ない」を感じてしまうと、物語に入っていけなくなります。
この内容なら、同情した職員が「籠城を主導した」にしてしまった方が、その後の展開に説得力が生まれたように思います。

着想が良かっただけに、残念に感じた映画でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.5一人の図書館職員が巻き込まれた悲劇

Aprilさん
2021年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

日本とアメリカでは公務員という立場が全く違うという印象に驚きました。
いろいろな利用者の対応を適宜求められる訳だが、
その対応で訴訟されてしまったりして、日本の様に公務員は安定職に全く見えない。
今回の事件も寒波の中の対応だったが、
彼の優しさが仇となって、容疑者になってしまいます。
なんだか見ていて気の毒だなと思った😢

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
April

4.5I'm looking for a miracle?

2021年7月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

見つかった!
見事な最後の抵抗。
まさかのこれ以上ないラストシーンは圧巻。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.5怒りの葡萄

2021年7月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

大寒波がやってきて、緊急シェルター不足から、ホームレスの凍死が続いていた。
主人公(エミリオ・エステヴェス)が勤める図書館にホームレスが入り込み、閉館時間になっても出ていこうとしない。
いつの間にか主人公がホームレス籠城のリーダーみたいになり、警察やメディアに対応することに。
見ている方は温かい気持ちになれる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0劇場で見てもよかったかなあ。

fukui42さん
2021年7月6日
iPhoneアプリから投稿

地元名画座で上映していたのに、行かなかった私に喝!。

邦題から想像すると「図書館利用者の間の、微笑ましい話」?。
まあ、外れてはいないんだけど。
原題は「public」。公共の、という意味の方が強い内容。

図書館って赤ちゃんからご高齢の人まで。利用者は様々。
よほど大騒ぎや、他の利用者に迷惑にならなければ、welcome状態。

舞台のオハイオ州シンシナティ、それも夜はマイナスになる寒さ。
そんな夜に帰るところがない人たちが、「一晩図書館に泊めてよお」。
から起こる騒動です。

警察の交渉人、騒動に乗じて目立とうとする市長候補・キャスター。
主人公の図書館員の過去まで報道される始末。
見ている方の気持ちは、もう一緒に図書館の中にいましたね。
最初は「早く帰ればいいのに」って思ったのに。

ずっと「勝手にお泊まり会」しているわけにも行かない。
機動隊が突入する寸前に、主人公達はどうするか。
ここ、そうきたか!って日本だったらこの方法はしないという。
7割の人は「はあ?なんでえ?」で、3割の私は「あはは、やってくれたね」。
図書館の「市民映画観賞会」では、決して上映できないわ(ネタバレ省略)

主演エミリオ・エステヴェスが監督脚本制作。
「飛べないアヒル」(1992)シリーズ3作が大好きでした。

あっという間の2時間でした〜。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「公共図書館は、この国の民主主義の最後の砦」。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

4.0好きな佳作

もかさん
2021年7月4日
iPhoneアプリから投稿

アメリカだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もか

3.5怒りの葡萄がずっしりと実っていく。収穫を待ちながら

shimoさん
2021年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

3.5Make Some Noise

Kjさん
2021年5月30日
iPhoneアプリから投稿

社会的なテーマの高さと現実に寄り添った問いかけを投げかけてくる。法を片手に掲げて弱者を潰しにかかるクリスチャン・スレイター。吊し上げたり罰を与えたりはしない。悪者になるしかないと覚悟し、最後は苦悩の表情を浮かべる。絶妙な着地。レポーターの下衆ぶりに中指立てたくなるが、結構それは自分自身でもある。
ラストの展開。問題の重さに対して軽やかに過ぎる締め方であるが、後味が爽やかなのは好感できる。他方、不要なラブシーンなど、難点も散見される。占拠に加担する主人公の心境と動機は無罪とは言い難いところ。同じ罪ならもっと義心の方がすっきりするが、この辺りもこの作品のバランスなのかもしれぬ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kj

4.0公共と差別と、善悪だか正義と

ke_yoさん
2021年4月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

台風15号のときだったか、日本で路上生活者の人が避難所に入ることを拒まれた問題が起きましたよね。

図書館、公共の場。
市民の誰もが利用する権利を有する場所。
本来なら体臭があるからなんて理由で、利用を拒まれてはならない場所。
しかしホームレスの体臭は、他の利用者が理性だけで我慢するにはあまりにもキツいのもまた事実。

最近ネットなどでは、納税してる人だけしか権利はなくて良いとか、権利だけ主張するな義務を果たせとかいった意見をよく見かけるようになった。

利用する権利は誰にでもあるけれど、他人に迷惑をかけないように利用すると定められているわけで、臭いから迷惑だと主張すること、どちらも間違っているとも言えず…だが命が掛かっているなら話は別だ。

命より大事にすべきことはないはずだから。

というど真ん中の真理を静かに訴えてくる作品。

差別してる人、差別とは思わず差別してる人。
それぞれの善悪、正義の主張。

私自身、図書館でホームレスの人と遭遇したとき、正直言って、臭いから迷惑、出て行って欲しいと思ったことがある。その人がなぜ、その状態であるのかなど考えもせずに。

コロナ禍で今後、失業者は増え、きっと路上生活者も増えていく。義務を果たしてないのに権利を…等とネットでのたまっていた本人が、いつ「そっち側」にいくか、もはや誰にも分からない世の中だと思う。

そのとき何を?

映画のレビューとしては、全く何が言いたいか分からなくなってしまったが笑

要するに、とっても面白い映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ke_yo

1.5ホームレスが善良に見えない

高之さん
2021年4月9日
Androidアプリから投稿

・日常、好意的な対応をしてた司書の善意を利用し、無茶で甘えた厚かましい要求をしているようにしか見えない。
・ホームレスが善人なら、まず司書を初っぱなから解放すべきだろ。
・ホームレスは司書の解雇を知らない以上、嘘でも加害者を演じ司書は人質であるという体をして、後々の迷惑が掛からないよう手を打つべきだろ。
・当局が司書こそ犯人でホームレスが人質と誤解してるなら、それはホームレスサイドが積極的に否定すべきだろ。
(っていうか、あの状況でこんな誤解するか??)

なんか、テーマ最優先で「いい話風」にまとめようとしたら、冷静に見ると非常に胸糞悪い話になった、って感じです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
高之

0.5嘘で塗り固めた米国の姿を偽計した罪は重い‼️

2021年4月1日
PCから投稿

米国のホームレスは他国と違い、人種差別の賜物で、警官が黒人を理由なく殺戮している事は周知のとおり。
こんなことをすれば全員殺戮されずとも五体満足ではいられまい。
とんだアメリカン・ドリームだ、悪夢だけど、まじか‼️
どこが奇跡だ、立て籠れば、暖房はおろか、水や電気は止まるだろうて。
いろんな矛盾は取り立てて言うのも口が腐るが、こんな映画を奇跡だ、コメディだ、と言われて、感心する日本人がいるめでたさに、恐れ入るなり‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
アサシン5

4.03人が良い

みみずさん
2021年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

萌える

主人公よりもそれを支える3人に心惹かれる。

部下のため、自らの信念のため、理不尽な要求をはねつける上司。
部下たちと合流し、連行されてしまうシーンには胸が熱くなる。

アパートの管理人。
何やら曰くありげだが、その的確で冷静な判断には心が動く。

同僚の女性も素直ではないところが魅力的だ。
結局は主人公たちに賛同して、思わずにやついてしまう。

深刻な社会問題を描いていながら、心がほっこり温まる。
映画館で観たかった。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
みみず

4.5【#HomelessLivesMatter】

ワンコさん
2021年3月24日
iPhoneアプリから投稿

レビュータイトルを、#BlackLivesMatterにかけて、#HomelessLivesMatter としてしまったが、この作品のメインテーマは、実は、そこではなくて、英語の映画タイトルそのもの、「公共」とはなんぞや、ということだ。

大学の講義のケーススタディになっても良さそうな感じだ。

ホームレスの緊急シェルターは、ボランティアを主力としても、市が公的に運営しているものだ。

そうしたヘルプがあって、前にホームレスだったスチュアートは、現在、図書館で職を得ている。

寒波で市の緊急シェルターに人が溢れ、受け入れることが出来ない人が多く出てしまった。

凍死するかもしれない。

さて、図書館は、緊急の緊急シェルターとして利用可能だろうか。

図書館はパブリックなものだ。

でも、主な利用者は、一定以上の所得を得た人が多いし、もしかしたら、皆さんも経験したことがあるかもしれないが、少し風体の良くない人がいると、職員に抗議したり、出て行くように促す人がいたり。

危害を加えたわけでもないのに。
公共のものなのに。

東京都港区の青山に児童会館を作る計画が明らかになったときに、周囲の住民が、そんなものを近所に作られたら、近隣地域の付加価値が下がると言って抗議した人が沢山いたことを思い出す。

このニュースに触れたとき、感情的に、なんて心の貧しい人達だろうと思った人は多いと思うが、いや、公共という観点から考えるべきではないか、それが社会的な合理性ではないかと考えた人は、どれくらいいただろうか。

この作品の面白いのは、図書館をホームレスが占拠するという事態になったこと、すったもんだはあったものの、スチュアートやホームレスは実は穏健で、一部の政治問題化させたい者や、メディアが騒ぎ立ててるだけで、実は、問題の本質を見誤っていること、そして、その顛末を通して、観る人に、待てよ、これはどうあるべきか冷静に考えなくてはならない、公共は差別の上に立っているものではないはずだ、等々、考える機会を与えていることだと思う。

日本は、近年、豪雨災害も多く、学校の体育館など公共施設に避難するケースはものすごく多い。
そこに差別はない(はず)。

政治家に転身をはかろうとしている検察官や、騒ぎ立てるメディアを他所に、スチュアートとホームレス、そしてボランティアの団結は、胸をスッとさせるが、それはそれ。
僕は、考えるべき、常に考え続けるべき題材なのだと思った。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 15 件)
ワンコ

3.0普通に面白かったけど

2021年2月18日
iPhoneアプリから投稿

あとあと考えさせられる映画だたさなと感じました。
公共とはなんなのか。個人の集合だから色々難しいなと。
まぁ何より館長が格好いいのと、人は過去を乗り越えられるってところは深く考えなくてもいい映画だと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ボタもち

4.0期待以上の面白さ

2021年1月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんだかわからないけど今の日本人が観るべき映画だと思う。

声を上げよう!
そんな気にさせる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
つかちん

4.0I can see clearly now

コンブさん
2021年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
コンブ
「パブリック 図書館の奇跡」の作品トップへ