ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァーのレビュー・感想・評価

4.24
50%
50%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全4件を表示

5.0色々あったけど……

コリアさん
2019年12月5日
Androidアプリから投稿

言いたいことが多すぎて困るのだが1つだけ言うと、バンド再建のため招いたデヴィッドフォスターは、正解でもあり、失敗でもあった。
彼がこなければ、解散していたかもしれないし、招いたからダニーやピーターが脱退したのかも。
どちらにしても劇薬だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コリア

4.0シカゴの歴史の裏側を垣間見る秀作

2019年10月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1967年の結成からロックの殿堂入りを果たした2016年まで、シカゴの50年を俯瞰するアンソロジー。知らなかったエピソード満載の超貴重な作品。シカゴ自身のプロデュースにより彼らの真実の姿が明らかになった。

ファーストアルバムの曲を紡いで語られるデビュー当時のエピソードからグイグイ引き込まれる。まさかのジャニスとジミヘンとの交流に感涙。

個人的には1972年から本格的に音楽を聴き始めたので、その年に発売されたChicagoⅤが最初に聴いたアルバム、かつ一番好きなアルバム。曲では迷わずDialogue。ロバート・ラムがアイドルの一人だった。

やはりテリー・キャスが亡くなるまでのシカゴは最強だった。その後の試行錯誤は痛々しくもあり、ピーター・セテラとダニー・セラフィンがクビになったなんて知らなかった。

貴重な映像とインタビューの連続、そして代表曲がいい音で聴ける。良いことも悪いこともひっくるめて彼らの歴史の全貌を知ることができる必見作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
エロくそチキン

4.5懐かしかった

DAIさん
2019年10月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

初めて買った洋楽のシングルレコードが「素直になれなくて」で、一番洋楽を聴いていた頃に流行ってたのがシカゴだったので、絶対見たい!と思いました。
全員のインタビューではないので、別の意見もあるのかな?とも思いますが、シカゴの一時期しか知らなかったので、その前半後半も知ることが出来て面白かったです。
ピーター・セテラが好きだったんだけど、メンバーといろいろあったみたいですね。でも脱退して30年以上経ってもまだ関係が修復出来てない感じなのは悲しいなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DAI

5.0Chicagoの真実を知った!

2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

今まで知ることのできなかったグループの真実が解き明かされ、ますますChicagoの今後に興味を抱いてしまいました。「残された時間が少ない」というオリジナルメンバーの言葉には、思わず涙。「継続は力なり」を証明しているChicago.ジミーの「Nobody」には重みがありますね。そうです、現役で活動し、成功し続けているバンドは他にいないのです。古くからのファンはもちろん、是非とも若い人たちにも見て欲しいドキュメンタリー映像です。Chicagoのデビューアルバム発売からちょうど50年の節目に上映されたことに感慨深いものを感じました。元気な姿を、また日本のファンにも見せてください。切に来日を希望します。ロックの殿堂入り授賞式での感動的なコメントとライブは文句なし!ぜひ劇場でChicagoと一体になってください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
前田光夫
「ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー」の作品トップへ