劇場公開日 2019年6月8日

  • 予告編を見る

7月の物語のレビュー・感想・評価

3.62
13%
74%
0%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全2件を表示

4.0等身大のバカンス

2019年6月15日
iPhoneアプリから投稿

エリック・ロメールの「緑の光線」や「海辺のポリーヌ」を気に入った人ならこの映画は見逃せない。フランスの若者の等身大のバカンスを描いた作品。もちろん、ロメールの時代と異なり、今や長期に南仏に滞在するなんて贅沢は彼らに許されていない。でも、それがたとえ路線バスでいける近郊のレジャーランドでも、彼女たちの手にかかればバカンスの場に早変わり。そして、もちろんバカンスといえば出会いと恋。ささいなことから男の子に出会い、ときめき、そして物語は生き生きと動き始める。。。。

ただし、ギヨーム・ブラックの映画は単純なロマンスでは終わらない。そこには少しほろ苦い挫折や、静かに忍び寄る現代の不安が映し出されていく。それが映画に深みを与えていく。愛すべき小品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
シネフィリ屋

2.0若気の下心

Bacchusさん
2019年6月9日
Androidアプリから投稿

笑える

楽しい

登場人物とロケーションには絡みがない二部構成による若者たちの恋愛話ドタバタ劇。

「日曜日の友だち」
湖水浴に出掛けた二人の女性がそこで知り合ったバイト君に絡んで揉めてというストーリー
半分無理矢理ついて行ったとは結果二人でバカンスに来た訳だし、もうちょい相手のことを考えろよという感じ等、男にはない感覚の時間を過ごす二人ながら、あるある的な面白さはあったかな。
ただ…ベタだし盛り上がりには欠けるかな。

「ハンネと革命記念日」
パリの国際大学に通う女性と、彼女を落とそうと目論むイタリア人学生や近くに住むフランス人青年達のいざこざ話。
イタリア野郎の超豪華?な変態1Pに始まり、イタリア野郎のテンパり一人舞台かと思ったら良い意味で面倒くさくなって来て…ちょっと雑じゃない?wという感じはあるけれどなかなか面白かった。

「勇者たちの休息」
7月の物語上映前に併映で上映された毎年6月頃にレマン湖からそれぞれのルートでアルプスを越えてニースを訪れバカンスを過ごすチャリンコツアラー達にインタビューしたドキュメンタリー。

まあ特に彼らに興味はなく、「ふーん…」という感じ。まあ趣味に興じる人のドキュメンタリーだしね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus
「7月の物語」の作品トップへ