劇場公開日 2019年11月15日

  • 予告編を見る

小さい魔女とワルプルギスの夜のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全1件を表示

4.0♪ For she's a jolly good lady

Naakiさん
2019年1月13日
PCから投稿

楽しい

単純

幸せ

In one year, on the night before Walpurgis,
I shall assemble a council of witches,
and we will put you to the test.
And if you should fail, well, you'll be banned
from celebrating Walpurgis night forever......-Yes, yes.

この作品は、「ターミネイター2」や「パディントン」シリーズなどCGや精巧なギミックと実写を融合したような作品を数多く手がけている制作会社・スタジオカナルが制作したものでスイス・ドイツの合作映画で今回は英語圏向けの英語吹き替え版を観ることになった。2018年2月1日に公開された本作、あるサイトでは色や話の流れを理解できる年齢、つまり大体6歳前後から楽しめるものとされていて、しかしながら、おる程度の大人になるとあからさまに大げさなCGや動きやいきなり驚かすような効果音がないのでつまらなく感じるかもしれない。それでもお子さんとたまに映画を一緒にご覧になって過ごすには、十分に見ごたえがあり、またある意味安心して楽しめるものとなっている。
アメリカのアマゾンでは、すでにレンタルで見ることが出来る。
わざわざ手のかかるギミックを使う理由として、無機質なCGではまだまだ限界があり、温かみがなく、それをギミックを使うことで表現しているところは、映画情報サイト・Common Sense Mediaが「良い魔女についてのかわいい物語はいくつかの穏やかな恐怖もある。」と紹介している。とにかく音楽やスイスで撮影されたと思えるような美しい自然も堪能できる映画作りがなされている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Naaki
「小さい魔女とワルプルギスの夜」の作品トップへ