劇場公開日 2018年12月15日

  • 予告編を見る

輪違屋糸里 京女たちの幕末のレビュー・感想・評価

3.510
14%
45%
41%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全10件を表示

3.5浅田次郎の世界

2019年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

輪違屋の糸里(藤野涼子)と桔梗屋の吉栄(松井玲奈)は仲が良かった。
糸里は新選組の土方歳三と、吉栄は同じく新選組の芹沢鴨一派の平山とそれぞれ恋仲であった。
二人は新選組の権力闘争に巻き込まれ、人生を大きく変えていく。
藤野涼子と松井玲奈がとてもいいので引き込まれていく。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5京女1200年の執念

keithKHさん
2019年8月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

1200年の歴史を刻む京都が日本の帰趨を決める中心となった最後の栄光の時代・幕末。政治と軍事と経済が複雑に錯綜し、多くの男たちの野心と欲望と虚栄と高慢が渾然と渦巻く火薬地帯となっていた京都。
1200年の悠久の京都の歴史は、成り上がり没落した数多の男たちの闘争と栄華の歴史である一方、無名の数多くの女たちが専ら黒子役として時代を動かしてきた歴史でもあります。傲慢で身勝手な男たちに弄ばれる哀しい女の性、只管陰で呻吟し嗚咽してきた長い長い歴史を経た幕末を舞台にした、女視点から描かれた一人称の作品、それが本作です。

本作は、新撰組初代局長・芹沢鴨暗殺事件を女性視点で描写した浅田次郎の時代小説『輪違屋糸里』を映画化した作品です。
近藤勇と芹澤鴨、両派の対立が深まり、副長・土方歳三を慕う島原輪違屋の芸妓(天神)糸里、芹沢の腹心・平山を愛する吉栄、芹沢の愛人・お梅、彼女たちが生きた幕末・京都島原。女たちが愛したのは激動の時代を駆け抜けた新撰組の無頼の男たち。その愛は時代に、運命に翻弄され、己の意思を違えて彷徨してしまいます。
置屋・輪違屋に身を置く天神の糸里は、これに抗して京女の意地と侠気を毅然と示す。「男はんの夢のためやったら、おなごは死んでもええんどすか、ほんまにそう思うんやったら、斬られて本望や。」その逞しくも凛とした言動こそ、1200年間に亘り澱として沈殿した京女の怨念と恩讐が一気に噴出した本作のテーマです。

糸里が放つ、松平容保公御前での口上の威風堂々たる勇ましさは、私には、一瞬『極道の妻たち』の岩下志麻姐御を彷彿させました。
ただ糸里役の藤野涼子の喜怒哀楽を顕にしない無表情の演技からは、京女永年の怨念と恩讐と、それでも捨てられない哀しい慕情が伝わってきません。また土方役の溝端淳平も、不気味さは漂わせつつも、狡猾で知恵者で腹黒い土方歳三という一世一代の策士を、その端整な容貌や皓歯が却って災いして、表情や台詞回し声音では表し切れていませんでした。残念ながら、いつもの爽やかで明朗快活な好青年とは180度異なるキャラクターが演じ切れていないように思います。
但し吉栄役の松井玲奈の演技は、その時々の感情を直接的に表し、女の哀しい境遇と揺れ動き弄ばれる心の動揺と哀れさが直に伝わり悲壮感と憐憫の情を昂揚させてくれました。

幕末・京都の緊迫した臨場感と熱気が、これも京都らしい雅やかな嫋やかさに塗された空気感に覆われた感がしたのは、やはり随所に現れる京都の社寺仏閣を盛り込んで京都で制作されたせいでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
keithKH

4.0松井玲奈凄く上手い❗

2019年4月14日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟🌟あんまり期待してなかったのですが…正直言って内容は面白くないわけではないのですがべつにテレビドラマでもと思っていたのですが…後半の修羅場から凄く面白くなりラストまでスクリーンに釘付けでした❗この作品の特徴として男性陣はみんなパッとしないのに女優陣がみんな上手い❗特に吉栄役の松井玲奈が最初から最後まで儚く男に尽くす女性を上品に色っぽく演じており、主役の糸里役の藤野涼子も修羅場あたりからドスの効いたセリフで松井玲奈以上の熱演をしており見ごたえがありました❗音羽太夫役の新妻聖子もそうですが女優陣がみんなハマり役だったので良い作品になったと思います❗前半は脚本たいしたことないのですが松井玲奈1人で作品を引っ張って行った❗流石だと思います❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミリン一番搾り

3.5輪違屋糸里 京女たちの幕末

半休さん
2019年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
半休

2.5原作未読だが…

shin-さん
2019年1月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

寝られる

観ていてずっとモヤモヤした違和感があり、最初は役者がハマっていないのかな?と思っていたが、最後まで観て、おそらく脚本か演出が役者を下手に見せているんだと感じた。

京の島原の女性を雅びに切なく美しく見せたい感じは伝わったが、そのゆるりとした演出が完全に逆効果って感じで、間の取り方がとても悪い。
なんか、後で間引きしたのか?って言いたくなるようなテンポの気持ち悪さがあり、それが余計に役者を下手に見せている。

原作は読んでいないが浅田作品なので期待していたが残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shin-

3.0☆☆☆★ 浅田次郎の原作は未読。簡単に。 観ている間は。何だか色々...

2018年12月22日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★

浅田次郎の原作は未読。簡単に。

観ている間は。何だか色々と違和感とゆうか、歯の噛み合わせが悪くて苛々する感覚を終始味あわされるとゆうか…。

何だろう?若手俳優さん達の、ちょっとした所作だったり。表情だったりと、昔の時代劇の話をしてはいけないんでしょうけど…。

映画自体も、糸里が主人公なのは分かるのだが。映画冒頭で(原作通りなのかな?)吉栄の回想が入る事から。糸里と吉栄、両方の物語の様に見える。
藤野涼子ちゃんは頑張ってはいるが。何となく言わされている感が強いのは、彼女が持っている資質の様なモノからだろうか?
啖呵を切る場面は良かったのだが。もしも夏目雅子ばりのスケール感が有ったならば、大ブレイク必至だったのではと思うと、少し勿体無い気も…。
意外だったのは松井玲奈。なかなかの好演。単なる鉄オタでは無かった。今後も注目。

数ある新撰組関連の作品の中で、最大に小物感漂う土方歳三でしたな〜(-_-)

2018年12月20日 スバル座

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

5.0素晴らしい映画

cc.3さん
2018年12月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

若い人に見てほしい。素晴らしい映画!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cc.3

5.0すべての女性に観て欲しい映画

hiroさん
2018年12月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

幸せ

この作品は ただの恋愛映画ではない。美しくも儚い女同士の友情も色濃く描かれた作品であり すべての女性に観ていただきたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hiro

3.0時代背景の面白さ。

2018年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幕末というだけで見に来た。それほど盛り上がりがあったわけではないが、やはりこの時代特有の面白さがある。いつの時代も女性は強くて美しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
masayan_yade

2.5悪くはないけどね

2018年12月15日
Androidアプリから投稿

教科書みたいな面白味の無い作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ムーラン
「輪違屋糸里 京女たちの幕末」の作品トップへ