劇場公開日 2019年4月27日

「映画としては不十分」誰がために憲法はある Imperatorさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5映画としては不十分

Imperatorさん
2019年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

憲法の前文は素晴らしい。そして、シニア世代が9条死守に込める執念は伝わる。その部分に何も言うことはない。
しかし、映画としては、ぶつ切り過ぎて、あまり良い出来ではないと思う。まとまった流れがあるのは、渡辺美佐子へのインタビューだけだ。
せっかく映画の形態をとっているのに、なぜ朗読劇をもっと長回しで、しっかりと映さなかったのだろうか? 貴重な映像遺産になったはずなのだが。各女優へのインタビューも中途半端で、逆に冗長な感じさえする。
これでは、Nスペのようなテレビ番組と何も変わらない。ドキュメンタリー映画なら、あまり恣意的に編集することは控えて、じっくりと対象の生の姿を浮かび上がらせて欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Imperator
「誰がために憲法はある」のレビューを書く 「誰がために憲法はある」のレビュー一覧へ(全8件)
「誰がために憲法はある」の作品トップへ