嘘はフィクサーのはじまりのレビュー・感想・評価

嘘はフィクサーのはじまり

劇場公開日 2018年10月27日
19件を表示 映画レビューを書く

リチャード・ギアはへっぽこな役が似合う ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

リチャード・ギアは、「『プリティ・ウーマン』の」という枕詞はさすがに通用しなくなってはいるが、それでもモテる二枚目俳優というイメージが強固にあった。しかし、実は『運命の女』の妻に浮気される夫とか、『シカゴ』のちゃらんぽらんな悪徳弁護士とか、情けなかったり軽かったりする役柄の方が本領を発揮するように思う。

本作では、口八丁で世の中を渡っていこうとするしょぼくれた山師役だが、舌先三寸の悪党とはちょっと違う。確かに調子のいいことは言うのだが、わりと本気で自分を親切だと信じている、自己暗示に長けたお人好しのキャラクターなのだ。

プロット自体はかなりブラックな風刺劇なのだが、ギアが本作に可笑しさや温かさみたいなものを与えていて、山師の話なのに微笑ましく観てしまう。ところがあるところで大きく展開して悲劇に突き進むのだが、ギアの持ち味によって落差がよりドラマ性を高めてくれている。多少ぎこちないところある映画だが、ギアのおかげでブラックなのに好感が持てる仕上がりになっていると感じた。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中途半端

岸部四郎に演じさせたらハマりそうなくらい地味な男でした。リチャード・ギアだとなんだか中途半端な感じで。物語も演出ももっと華やかな感じの方が良かったです。

ミカ
ミカさん / 2019年3月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きる為に嘘をつく❗

星🌟🌟🌟あんまり教養がないのでフィクサーがどんな職業になるのかわからなかったのですが…他の方も書いていましたがリチャードギアが主人公を演じたせいでちょっと滑稽でほっこりさせられてストーリー的には凄く重い作品が少し軽くなった気がします❗ イスラエルとアメリカの合作との事でちょっと変わった作風が新鮮でした❗日本の是枝監督の作風にちょっと似てるような気がしました…万引家族とか誰も知らないとか…

ミリン一番搾り
ミリン一番搾りさん / 2019年1月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲劇⁈

結局全部背負い込んじゃった...(泣)
なんか
後味悪かったです。

シャルロットゲンズブールは
「アンチクライスト」のがイメージが強すぎる〜

snowball
snowballさん / 2018年12月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誇大妄想者の悲劇 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ブラックコメディ、なんでしょね。
Normanと言う個人名がタイトルなんで、この、法螺ばっかり吹いている妄想男性の人生を描いたもの。自らの命で落とし前をつけた、フィクサー以下の詐欺師の話。何にFocusしたのか、よく判らない物語でした。イスラエルって、へんな映画作るよな、ってのが、先の「運命は踊る」と併せた感想です。

bloodtrail
bloodtrailさん / 2018年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

友達の定義

そのうちわかるのか?と思いながら見ていた幾つかの裏設定が最後まで分からず中途半端な気分、これ、(ブラック)コメディなの??
政界話としても浅いし、わらしべ長者でもなかったし!イイコトちょっともなくて、しょんぼり…
演技は皆さん良かったが、リチャード・ギアさんはもっと華のある役でお会いしたいなぁ。。。

magnolia
magnoliaさん / 2018年11月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

何する人か?

人間関係を取り持って、みんなの願いを叶える人のようだけれど、よくわからなかった。
ちょっと錬金術師みたい。

シャルロット・ゲンズブールが、ピリッとした役で面白かった。
イスラエルのリオル・アシュケナージは存在感が圧倒的。

Momoko
Momokoさん / 2018年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

盛り上がりに欠ける ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

リチャード・ギアの演技や表情がいいのでついつい見れてしまうのが良くない。

終始盛り上がりに欠けて鬱屈した不快感だけで終わってしまった。
だいたい最後死ぬ必要あったのだろうか?
正体不明の男なので追うことができず証人喚問出来ないと言うなら、雲隠れするだけでよかったのではないか。そうでないならたとえ死んだとしても死因が怪し過ぎて大統領の疑惑は晴れないように思うのだが。

じゃあ落ちが悲劇的でブラックなのはまあ良しとしよう。だとしたらもっと中盤でノーマンが成功したシーンが欲しかった。
序盤に自分の賭けた人物が大統領になった以降はひたすら「電話がうまくいかない」シーンの連続でイライラしっぱなし。どこかで様々なものが繋がり一つになるのかと思いきや、大して盛り上がらず終わる。
自分の意図を超えて大物になってしまい、遂には黒幕になっていた、というプロットならもっとノーマンの事を本人がいない場所で「あいつは凄い奴だ」というシーンでもないと説得力が無い。

ノーマン側からの描写を主体にしてしまったのが良くなかったのかもしれない。
例えば大統領からの視点をメインにして描写するとどうだろう。友情を感じる男がコネクションを駆使して助けてくれるが、ふと気づくと相手の正体が全くわからない。ノーマンの神秘性と大統領との関係を強調する形だ。
そうなると終盤の大統領の心理にも説得力が増すかもしれない。

私の解釈だがラストの大統領の塩対応は、国民の為に苦渋の選択をしたのではなくノーマンとの関係から目が覚めたのだと思う。中盤の奥さんとベットでの会話に象徴されている、「あなたはあの人に友情を感じているのではなく、都合良く利用しているだけ」
一見ノーマンが大統領の友情を利用して成り上がっているようで、ノーマンが利用されて周りが利を得ている。
だから最後の電話の時には既に気づいていたのかもしれない、ノーマンに感じていた友情は幻想だったと。
実際最後にノーマンにかけた優しい言葉も一切心にもない事が、最後に投げ捨てられたケータイで表されている。

描写次第で化けるとは思うが、結局は小物詐欺師が身の丈に合わない事をして死ぬ話ってだけになってしまった。

ひかり
ひかりさん / 2018年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

☆☆☆★★ 簡単に。 忖度コメディーとの触れ込みなれど、観客に対す... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

☆☆☆★★

簡単に。

忖度コメディーとの触れ込みなれど、観客に対する忖度は無い。
とにかく省略による省略で構成されているので、観客には分かりづらい。
そこはそれ「言わんでも分かるでしょ!いや察してくれ!その程度の事なら頼む」…と如くに。

例えば、初めてエシェルと接触する場面。
エシェルとノーマンの関係を目の当たりにして寄って来る人達。
ラスト前のノーマンの決断と、教会の奥の一文等。最低限の説明に留めている。
コメディーと言うよりも、ほろ苦い人間ドラマでした。ユダヤ社会に精通しているとより分かりやすいのでしょう。
その考え方や、他人との接し方等を知っているなら特に。

アメリカ映画を観ていると、矢鱈と怒りに任せて暴力的になる場面を見受ける時が有りますが。「それ日本でやったら一巻の終わりだよなあ〜」…と、冷静に考えてしまう様に。

作品中に、エシェルからノーマンへ2度電話が来る。
本来怪し過ぎる程の男なのに、ある程度の地位に有る自分。自由な買物すらままならない自国の状況。1人寂しい夜にフッと思い出した様に、自分に対して親切にしてくれたお礼を。
そして終盤には、敢えて裏切りを示唆する電話を。
しかし、ノーマンはその全てを受け入り「私は裏切りません」と言う。
何処の馬の骨とも分からない自分を受け入れてくれた事に感謝を込めて。

更に…。

鑑賞後は自宅近くの百均で発泡酒を購入。
今日のつまみは作品中にエシェルがつまんでいたチョコレートに決めた。
安くてもチョコレートはチョコレート。しっかりとほろ苦く映画の余韻を再度味わう。

2018年11月7日 シネスイッチ銀座2

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2018年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

LANVINのシンデレラシューズ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

期待せずに観たのですが、とても切ない良作でした。

嘘というかホラというか、言葉巧みに権力者に近付き、必死に人脈を築こうとするNorman。自分を実物以上に大きく見せるあまり、周囲の期待も要求も大きくなり、ついに1人ではとても対処できない所まで来てしまう。話術である程度やって来れたのだろうけど、最後は自分の口が災いの元となり…。

結局一番効果的だったのは、どんなお世辞やコネよりもやはりプレゼントだったのよね。Eshelは政治家にしては?純粋な人に見えましたが。
Investmentと言わずに、誕生日プレゼントとでも言っておけば良いものを!

Normanの周囲は彼を通したコネで欲しいものをゲット。では彼自身は何を得られたのだろう。

首相の友人として一目置かれ注目を集めた短い間、これまで相手にもされなかったVIPや投資家から頼られるというステータスをNormanは満喫できたのかな…。

情に厚く、みんなの期待に応えたNorman。フィクサーとしてのし上がるには優し過ぎたようです。結局孤独なNormanは頼れて頼られる友人が欲しかったのではないかと思いました。

利用する側のつもりが利用されて(させて)終わる。自分で自分の首を絞めたとしても、彼を惜しむシーンが全くないのがとても切なく感じました。罵り蹴飛ばすラビは流石に酷い!

それにしても、人間ってのは呆れるほど欲の塊だ(^_^;)。コネが、欲望で紡がれた蜘蛛の巣のように思えました。

寒さから来る下膨れなのか、アレルギーを思わせる特殊メイクなのか、Richard Gereがカッコ良さとは無縁の冴えないおじさんを演じています。

everglaze
everglazeさん / 2018年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Never seen Richard Gere like that!

Couldn't believe my eyes!
Richard Gere is amazing in this film!
This film tells you not only about Norman but something about from the relations between Israel and the US to LGBTG to many more.
Very well directed and played.
Highly recommended!

molly
mollyさん / 2018年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

仲介者の忖度の悲喜劇

2枚目でカッコいいイメージだったリチャード・ギアが、見たこと無い怪しいフィクサー役の忖度悲喜劇。
笑い有り涙有りの、早い展開で一言一句見逃せない!
へっぽこじいちゃん役でもやっぱり、リチャード・ギアはカッコいい!( 〃▽〃)

クララ
クララさん / 2018年11月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

これがリチャード・ギア⁉︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

極悪な詐欺師ではなさそうだが、常に胡散臭い主人公。若くもないのに鞄を斜めがけにした社会人って、「出来なさそう」に見える。そんな彼が苦労はしつつも投資家の間に何とか入り込む。時には家から追い出されながら。
少しは勘が働くのか、偶々目をつけ、値段もわからずランバンの靴をプレゼントした相手が3年後にイスラエルの首相になり、運命が好転。ニューヨークのユダヤ人社会と、イスラエルが交互に描かれる。主人公は常に色んな人にネゴシエートし、誰かを紹介し、人脈を築こうとしている。
良いことも長くは続かないのが世の常で、友達になった首相が失脚の危機に。しかも原因は私?みたいな。
なんだ、結局は小者の詐欺師じゃないか、と思わせ、しかし実は、首相の息子は念願通りハーバードに入学し、礼拝所は資金難をくぐり抜け、甥はラビに式を挙げてもらって韓国人女性と結婚でき、彼の関わったことは全て実を結んでいたのだった。

ミーノ
ミーノさん / 2018年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結局一人で ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

貧乏クジを引かされた感じですね。首相就任の際に友達と紹介された時は人生の最高点だったでしょう。虚しさを感じるなあ。

ごっとん
ごっとんさん / 2018年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暗くて単調

リチャード・ギアの演技は、老いても素晴らしいと思いましたが、作品のストーリーが単調で全く盛り上がる場面が無く、淡々と進行していくので、折角のリチャードのラストシーンの名演技も生かされてないと感じました。
尚、ポスターには悲喜劇と書かれていましたが、全く喜劇感は有りませんでした。

aki007
aki007さん / 2018年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

愉快!

主人公(ギア)の着ている黄色のオーバコートが目立ちますね。温かそうで着てみたくなります。

調布先生
調布先生さん / 2018年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生はどう転ぶか誰にもわからない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

予告編を見て面白そうだと思い、公開日初日に行ってきました。

さすが名優リチャード・ギアでした!

彼が演じるノーマン・オッペンハイマーが有力者と接点を持とうと次々と嘘を重ねて繋ぎ合わせようとするのですが、最後にどんでん返しがありました!

もう一人のフィクサーがノーマンの知らないところで彼の思惑通りに事を運び、いつの間にか解決するという。

それを知ったノーマンは禁断のナッツを食べて自害しようとする展開で終わりました。

やはり、嘘を重ねっぱなしは自分の首を締めてしまうので良くないですね。

ノーマンも首相役の人も心に響く名言がありました。

“人生はどう転ぶか誰にもわからない“

あと、もう一人のフィクサーがどのように事を運んだか見たかったです。

レオ
レオさん / 2018年10月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

紹介しますよ、望みはなんですか?

私もしている、日常で+の方向を選ぶ瞬間。

ゆき
ゆきさん / 2018年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

私の近くには居ない主人公でしたが、娯楽作品としてとても楽しめる作品...

私の近くには居ない主人公でしたが、娯楽作品としてとても楽しめる作品でした。
政治家の悲しい性が垣間見られました。結末はちょっと涙が出て。。。
大人向けの映画です。

landp
landpさん / 2018年10月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

19件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報